Feel

8月22日〜8月28日 蠍座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蠍座(10/24~11/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「じゃあ、たぶん、おまえの名前は、ルンペルシュチルツヒェン。」「悪魔が話したんだ、悪魔が話したんだ。」と、こびとはさけびました。そうして、腹だちまぎれに、右足で、したか大地をけりつけると、からだごとうずまるくらい深い穴があきました。それから、いかりたけって、両手で左足をひっぱるひょうしに、じぶんでじぶんのからだを、まっぷたつにひきさいてしまいました。
――『世界おとぎ文庫(グリム篇)森の小人』楠山正雄訳

今週、23日に太陽が獅子座エリアから乙女座エリアに移動します。

乙女座は12星座のうち6番目にあたり、現実を愛する「地のエレメント」、細やかな対応力のある「柔軟宮」に属しています。隅々まできちんと物事を見つめて判断し、「片づけ」ていこうとする性質があります。

全体のムードやテーマを司る太陽が乙女座エリアを運行し始めると、「現実をしっかりと見つめていこう」「曖昧なものを取り除いていこう」と、社会的な空気も個人の心理的な動きも変わっていきます。

今、目の前にあるものをしっかりと観察し、自分がどの立ち位置にいるのかを見極めようとするモードになりそうです。

獅子座太陽期間で見つけた「社会正義」を具体的に実行するために、今週から始まる乙女座太陽期間(〜9月22日)では、世の中の善悪を問い直し、矛盾や混乱を乗り越えていくことを大きなテーマとすると良いでしょう。

27日には乙女座エリアで新月があります。この新月に対して、火星(意欲・戦い)が厳しい角度でぶつかっています。

火星は双子座エリアを運行しており、今週は物事を知性によって明らかにしていくパワーがみなぎっています。個人主義、冒険的なエネルギーでもあり、忖度や“お仲間意識”による、べたついた関係性や物事を切り裂く力です。

火星は太陽(社会)に激しく問いかけます。「真の公平さとは何か」「それが真実か?」「その名前は本当のものなのか」と。

隠されていた真実がどんどんと出てくるようなことがありそうです。言葉による印象操作が錯綜する中で、いかに「ダウト!」と突っ込んでいけるかが大事なポイントになりそうです。

また、新月には、願い事がすでに叶った形で天に宣誓する「アファメーション」が効果があると言われています。各星座ごとにテーマが変わりますが、「名づけ・意味づけに関する欺瞞を見抜く眼を持つ」のは共通します。

宣誓を5〜10個、便せんや手帳などに書いて意識することで、半年後の乙女座満月のときにその宣誓が現実になっているというおまじないです。

また今週は24日に、牡牛座エリアを運行する天王星(改革・刷新)が逆行開始。技術の見直し、ワクチンの改良や効果の振り返りなどが始まるかも。

26日に水星(知性・コミュニケーション)が天秤座エリアに移動。他者との関係性のバランス調整を、水星が手助けしてくれそうです。

蠍座の星模様

調整、調律

太陽が乙女座エリア、蠍座にとって、「人脈運」や「抜擢運」「応援してくれる人」を意味する場所を運行し始めます。

細やかなサポートをしてくれる助っ人が現れそうです。この太陽に火星がぶつかり合う配置の今週は、親や親族からの急な呼び出しがあったりするかもしれません。

新月では、ぼんやりと思っていた相手の資質や性質が明確に見えてくるような出来事が起こって、その人の印象が大きく塗り替えられていきそうです。

また、噂で聞いていたことと、自分で見聞きしたことのギャップを埋めて行く作業も。もしくは、新しいメンバーとの顔合わせのようなイメージです。

新月アファメーションは、「人脈の確立」「他者への理解度」について天に宣誓すると良いでしょう。例えば、「良いサポーターと出会えました」「知人のことをより良く理解できました」などです。

週後半から来週にかけて、土星(試練・責任)と、金星(愛と喜び)と、天王星(改革・刷新)の3天体が厳しくぶつかり合います。その影響は少し強めに出るかもしれません。

仕事の場面では、やりたいことがあるのに、同僚や上司から足止めされたり、クライアント側からの要望が二転三転したりして、困惑しそうです。

プライベートな場面では、家族やチームのルールの見直しをするようなことがあるかもしれません。不具合があれば積極的に調整、改善していきましょう。

ファームランド櫻島(室屋智美)

オーガニックファーム〈ファームランド櫻島〉が取り組む、火山灰を生かした農業

訪れる / PR