Feel

8月8日〜8月14日 蠍座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蠍座(10/24~11/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「シャーマンになるということは、差異を理解し適応していくプロセスだと言えるでしょう。またシャーマンになるということは、今立ち起きてメタモルフォーゼの過程に身を置くことです。」
――セバスチャン・ボー/コリーヌ・ソンブラン『シャーマン 霊的世界の探求者』

12日、太陽(メインテーマ)は獅子座エリア、月(心理・個人・習慣)は水瓶座エリア、天王星(改革・刷新)は牡牛座エリアを運行します。

月は太陽の真正面にくることで、満月となります。月には土星(節度・制約)が寄り添い、思考と感情と肉体のバランスを保つ大切さを説いているかのようです。

また、太陽と月に対して、天王星が激しくぶつかり合う配置になっていることから、今回の満月が“目覚めのスイッチ”を押すようなタイミングです。

半年前の水瓶座新月のテーマは、「頭で考えることは大事。しかしそれ以上に時代の潮流を敏感に察知し、肉体性や現実に起きていることをしっかりとベースにして今の対処と未来を思い浮かべること」でした。

今週の満月で、このテーマの実りを収穫していきます。

この満月のキーワードは「シャーマン」です。目に入る全てのものからメッセージを得る直感力や第六感、自然と交歓する喜び。

霊的なものを大切にしつつ、それに振り回されない軸の安定感。魂の熱狂で生命力を取り戻すようなイメージです。

満月などの天球のイベントが各星座にどう影響するかは、それがそれぞれの星座から見てどんな意味の場所で起きるかによって、変わります(この場所は「ハウス」と呼ばれ、1から12までのハウスがあります)。

火星(情熱)と冥王星(運命のように強い力)、海王星(スピリチュアリティ)が調和的に繋がる影響が、目には見えないところで動いているかもしれません。

強く思い込んでいた“常識”が解けていくような作用があるようです。

目に見えないものを相手にしながらも、実は目に入ってくるもの全てが大いなる存在からのメッセージのような、不思議なシンクロニシティがあるかもしれません。

蠍座の星模様

ご先祖様に守られて

12日の満月は「家庭や家族」「自室や居場所」などを意味する場所(4ハウス)で起こります。

この4ハウスには、お盆などの宗教行事(祖霊を祀る)で人が集まるような場面という意味も含まれています。

今回の満月は“盆踊り”に参加するようなイメージです。お墓参りやお仏壇にお供えをするようなタイミングになるかも。

1月頃から自分の居場所や所属先のことであれこれと試行錯誤をしてきた人は、やっと落ち着くポイントが見つかりそうです。

もしくは、半年様子を見てきたけれど、やっぱりここではないな、と納得する気持ちになるかもしれません。

また、12日には金星が、獅子座エリアを運行し始めます。嬉しい仕事や、楽しい仕事での出来事が訪れる気配。

頼りにされる場面も多く、「一肌脱ぐか」の精神でいくとちょうど良いでしょう。気前よくみんなの願い(依頼)を叶えていこうとすること。そうすることで良い運気が巡ってきそうです。

火星と冥王星、海王星が調和的に繋がる影響で、より深く理解し合い、円滑にコミュニケーションをしていくために、雑音を除去しつつ、語るべきところは語るきっかけが生まれそうです。言語化は大事。

14日に、太陽と土星、天王星の3天体が激しくぶつかり合います。その影響は大きく出るかも。

家族間のトラブルやパートナーの突発的なアクシデントにも注意しておきましょう。転ばぬ先の杖で、保険証書の契約内容を確認しておいたり、いざというときにどんな対応をするのが良いのかをシミュレーションしたりしておくと安心です。

木星(成長拡大)が、「奉仕的労働」と「自己ケア」「他者適応」を意味する場所を逆行している影響で、中断していた筋トレに励んだり、自分の周辺のもの(人でもものでも)に対して手入れをしていけると良いでしょう。

水星(知性・素早さ)が乙女座エリアを運行していることから、テキパキと仕事を片づけてくれるような助っ人が現れるかもしれません。助言には従うと吉です。

かっこいい大人の肌をつくる、色づき美容液 GOOD LOOKING by IROIKU

かっこいい大人の肌をつくる、色づき美容液 GOOD LOOKING by IROIKU

整える / PR