Feel

8月8日〜8月14日 射手座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の射手座(11/23~12/21生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「シャーマンになるということは、差異を理解し適応していくプロセスだと言えるでしょう。またシャーマンになるということは、今立ち起きてメタモルフォーゼの過程に身を置くことです。」
――セバスチャン・ボー/コリーヌ・ソンブラン『シャーマン 霊的世界の探求者』

12日、太陽(メインテーマ)は獅子座エリア、月(心理・個人・習慣)は水瓶座エリア、天王星(改革・刷新)は牡牛座エリアを運行します。

月は太陽の真正面にくることで、満月となります。月には土星(節度・制約)が寄り添い、思考と感情と肉体のバランスを保つ大切さを説いているかのようです。

また、太陽と月に対して、天王星が激しくぶつかり合う配置になっていることから、今回の満月が“目覚めのスイッチ”を押すようなタイミングです。

半年前の水瓶座新月のテーマは、「頭で考えることは大事。しかしそれ以上に時代の潮流を敏感に察知し、肉体性や現実に起きていることをしっかりとベースにして今の対処と未来を思い浮かべること」でした。

今週の満月で、このテーマの実りを収穫していきます。

この満月のキーワードは「シャーマン」です。目に入る全てのものからメッセージを得る直感力や第六感、自然と交歓する喜び。

霊的なものを大切にしつつ、それに振り回されない軸の安定感。魂の熱狂で生命力を取り戻すようなイメージです。

満月などの天球のイベントが各星座にどう影響するかは、それがそれぞれの星座から見てどんな意味の場所で起きるかによって、変わります(この場所は「ハウス」と呼ばれ、1から12までのハウスがあります)。

火星(情熱)と冥王星(運命のように強い力)、海王星(スピリチュアリティ)が調和的に繋がる影響が、目には見えないところで動いているかもしれません。

強く思い込んでいた“常識”が解けていくような作用があるようです。

目に見えないものを相手にしながらも、実は目に入ってくるもの全てが大いなる存在からのメッセージのような、不思議なシンクロニシティがあるかもしれません。

射手座の星模様

大胆でも丁寧に

12日の満月は「身近な場所での学習」や「気軽な交流」などを意味する場所(3ハウス)で起こります。

1月頃から社交性が高まり、コミュニケーションパワーが発揮され、仕事もプライベートも拡張できたでしょうか。

この新月満月のテーマには“直観的センス”が求められていたのですが、射手座にはそのセンスが備わっていることが多いため、本能的に突き進んで、快調な半年間だったかもしれません。

今週も目に入る全てのものがメッセージであると思って、謙虚さを忘れずに明るく進むと吉です。

先週に引き続き、太陽が獅子座を運行し、また、12日には金星(愛と喜び)が、獅子座エリアを運行し始めます。

射手座と獅子座は同じ「火のエレメント」で、キラキラした金星が、メラメラと燃える火のパワーを帯び、射手座の火のエッセンスもさらに高まっていきます。意欲的でポジティブなエネルギーをチャージできます。

火星と冥王星、海王星が調和的に繋がる影響で、身近な人との関わり方の調整ができそうです。ほんの少しのさじ加減で、お互いに心地よさを増していけるようなチャンス。繊細な気配りをすることも大事。

14日に、太陽と土星、天王星の3天体が激しくぶつかる影響で、自分の中にあった思い込みが壊れるようなことがあるかもしれません。遠方への旅行や、哲学書などを読むことがきっかけになりそうです。

木星(成長拡大)が、「創造性」や「恋愛」や「楽しいアクティビティ全般」を意味する場所を逆行している影響で、本当にやりたかったことについて、再度チャレンジするのに良いタイミングとなります。じっとしているのはもったいないでしょう。

水星(知性・素早さ)が「キャリア」や「公的な場面」「社会参画」を意味する場所を運行していることから、神経を使うような仕事が増えていきそうです。

最初から最後まで、隅々まで丁寧にやることが、結果として一番楽になりそうです。

ブルータス BRUTUS〈ヘリーハンセン〉ALL TIME FLEECE

時代を超えて愛される〈ヘリーハンセン〉のフリースを、〈邦栄堂製麺〉の関康さんが纏う

着る / PR