Feel

8月8日〜8月14日 双子座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の双子座(5/21~6/21生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「シャーマンになるということは、差異を理解し適応していくプロセスだと言えるでしょう。またシャーマンになるということは、今立ち起きてメタモルフォーゼの過程に身を置くことです。」
――セバスチャン・ボー/コリーヌ・ソンブラン『シャーマン 霊的世界の探求者』

12日、太陽(メインテーマ)は獅子座エリア、月(心理・個人・習慣)は水瓶座エリア、天王星(改革・刷新)は牡牛座エリアを運行します。

月は太陽の真正面にくることで、満月となります。月には土星(節度・制約)が寄り添い、思考と感情と肉体のバランスを保つ大切さを説いているかのようです。

また、太陽と月に対して、天王星が激しくぶつかり合う配置になっていることから、今回の満月が“目覚めのスイッチ”を押すようなタイミングです。

半年前の水瓶座新月のテーマは、「頭で考えることは大事。しかしそれ以上に時代の潮流を敏感に察知し、肉体性や現実に起きていることをしっかりとベースにして今の対処と未来を思い浮かべること」でした。

今週の満月で、このテーマの実りを収穫していきます。

この満月のキーワードは「シャーマン」です。目に入る全てのものからメッセージを得る直感力や第六感、自然と交歓する喜び。

霊的なものを大切にしつつ、それに振り回されない軸の安定感。魂の熱狂で生命力を取り戻すようなイメージです。

満月などの天球のイベントが各星座にどう影響するかは、それがそれぞれの星座から見てどんな意味の場所で起きるかによって、変わります(この場所は「ハウス」と呼ばれ、1から12までのハウスがあります)。

火星(情熱)と冥王星(運命のように強い力)、海王星(スピリチュアリティ)が調和的に繋がる影響が、目には見えないところで動いているかもしれません。

強く思い込んでいた“常識”が解けていくような作用があるようです。

目に見えないものを相手にしながらも、実は目に入ってくるもの全てが大いなる存在からのメッセージのような、不思議なシンクロニシティがあるかもしれません。

双子座の星模様

貪欲に学ぶこと

好奇心が旺盛過ぎて、あれもこれも手を出して、散らかっている様子。

12日の満月は「遠方への旅」「ここではないどこか」「体系的な叡智」を意味する場所(9ハウス)で起こります。

今年の1月頃から学んでいたことの区切りを感じるタイミング。知識の幅が広がった半面、好奇心が旺盛過ぎて、あれもこれも手を出して、散らかっているかもしれません。

今の段階で知識にまとまりを感じていなくても、直感でこの路線で良い、と思えるなら、その取り組みについてはそのまま継続すると良さそう。

変革をもたらす天王星が牡牛座エリアを運行している影響により、無意識の改変作業が見えないところで続いているので(2019〜2026年)、変化を促す材料として、ありとあらゆる方向に好奇心を伸ばし、どんどん倉庫に知識を放り込んでいくような作業が良いでしょう。

点を増やして、のちに点と点を繋いで完成図が見えてくる。今は「点」を増やすこと。

また、12日には金星が、獅子座エリアを運行し始めます。ご近所散策やカフェでの会話を楽しんだり、気軽にワークショップに参加したりすると楽しい時期になります。

火星と冥王星、海王星が調和的に繋がる影響で、思ってもいない方向からの仕事のオファーがきそうな雰囲気です。

探求的な姿勢が見込まれて、白羽の矢が立つようなイメージです。新しい自分のスキルを発掘するような気持ちで挑むこと。

14日に、太陽と土星、天王星の3天体が激しくぶつかり合います。その影響は、自分がコミュニケーションの基盤にしているような価値観を再設定するようなイメージです。

共通認識だろうと思っていたことが、まったく違っているということに気がついて、そもそもの前提部分から対話をスタートすることがあるかもしれません。相手に合わせて伝える技術は高くなりそうです。

木星(成長拡大)が、「人脈運」を意味する場所を逆行している影響で、懐かしい誰かとの再会もありそうです。

藤井隆行が約半世紀前の「オールドマルニ」をアップサイクル。伊勢丹新宿店で特別販売_椅子

「オールドマルニ」を藤井隆行(〈ノンネイティブ〉デザイナー)がアップサイクル。伊勢丹新宿店で特別販売

訪れる / PR