Feel

8月1日〜8月7日 双子座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の双子座(5/21~6/21生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「『私は』という叫び声を大事にしなくちゃいけないわけです。みんなと同じ考えや感受性は、哲学をつぶしていくわけですよね。百人のうち九十九人がBGMを望んでいても、『私は聴きたくありません』と言うことが大切なんです」
――中島義道『人生を〈半分〉降りる』

今週は、水星が乙女座エリアを運行し始め、木星は牡羊座を運行しています。この2天体は「インコンジャンクト」という位置関係を取るようになります。

「インコンジャンクト」は、全く異なる性質や立場の2つの存在が、意識して互いの違いを理解しようとする努力によって、多くを学ぶ、というイメージです。

乙女座のモデルは、ギリシア神話における農業の女神デメテルやその娘ペルセポネと言われることが多いですが、遡るとその原型は古代バビロニアの星座にある「畝の女神」です。いずれも農作業に関する女神です。

古代において、農作業での必要から発達したのが暦。暦は天体観測によって作られ、天体観測と文化が混ざり合い占星術の基となりました。

2021年に発見された粘土板からは、古代バビロニア人が三平方の定理を用いて畑の測量図を作成していたこともわかっています。

このような、測量的で数学的、物事を滞りなく管理するエッセンスを乙女座は持っていて、そこを運行する水星(知恵・交渉)は、乙女座的な能力をスムーズに発揮できるようにしてくれます。

木星は成長、拡大、成功、富、法や正義、宗教、楽観性、親切さ、寛容さなど多くの象意を含んでいます。ギリシア神話では主神ゼウスと紐づき、権力を行使する者としての存在感もあります。

今週木星は牡羊座エリアを運行しており、逆行を始めました。そのことにより、振り返りをしたり取りこぼしを確認したりするようなエネルギーがやってきて、権力や豊かさや富について再考するチャンスを与えてくれます。

牡羊座は12星座の中でトップバッターの“爆誕パワーの炎”。個人のもつ生命力を司ります。個々の命の健やかさを優先するための、富や法や正義(木星)を思い出すタイミング。

今週は、情熱を持ってトップに立つ木星牡羊座に、有能なブレーンの水星乙女座がつくイメージです。

木星牡羊座の幸せになろうとする「健全なエゴ」を守るために、水星乙女座の知恵が活かされると良い場面です。水星の、理路整然と物事を整理し計画を進める能力を活用することで、自分自身の「豊かさ」を掴む具体的なアイデアが出てくるでしょう。

太陽は先週に引き続き獅子座を運行して社会全体を明るく照らし、「社会正義」についての討論が熱く燃えそう。

また、火星(意欲・闘争心)は天王星(改革・刷新)と牡牛座エリアでぴったりと重なった後に、土星(試練・責任)と厳しい配置に。やりたいことをやれるようにするための作戦会議。

金星(愛と喜び)は冥王星(極端さ・運命的な力)と真向かいになり、調停として海王星(夢や妄想)が介入。夢と希望と妄想の区別が難しくなりそうです。

双子座の星模様

知は力

今週、水星が運行し始める乙女座は、双子座と同じ「柔軟宮」です。ここに天体が入ると、自分(双子座)とぶつかり合うこととなります。

ただし、水星は双子座と乙女座両方の支配星(守護星)であるため、この配置は良い閃きを導いてくれそうです。

水星のもつエッセンスとして、素早さや、高い知性があるので、客観的に物事を考える力、問題解決能力が上がるような作用があるかもしれません。

逆行中の木星と、この水星が繋がっていることにより、知人からの相談事に対してアドバイスをする場面があるかも。とはいえ持論を押し付けないように気をつけ、相手の本音を尊重しながら、最善を模索しましょう。

冥王星と海王星とが仲良く繋がっているところに、金星が加わり、三者で調和的な配置となります。

霊感的なフィーリングや、直感力が高まり、仕事もスムーズに波にのって、大きな成果を得るチャンス。思わぬボーナスを貰うようなこともありそうです。ちょっとしたご褒美が手元にやってくるかも。

牡牛座エリアにいる火星(意欲・闘争心)と天王星(改革・刷新)が、1日にぴったりと重なります。その影響により、心の奥底で今の自分を変えていきたいと思うことがあるかも。

もしくは隠れた敵が見つかるようなタイミング。敵は自分自身かもしれません。

また、火星は7日に土星(試練・責任)と激しくぶつかり合う配置につきます。

この配置の影響により、知識の偏りをなくしたり、思考と感情と肉体のバランスを取るために、今まで学んできたことを振り返ったりすることになるかもしれません。より深く学ぶためのきっかけになる出来事がありそうです。

くよくよする気持ちや自己嫌悪を、知識の力で克服すること。

仁村紗和が〈CITY COUNTRY CITY〉でレコードディグ。〈オーディオテクニカ〉で聴きたいレコードの話

仁村紗和が〈CITY COUNTRY CITY〉でレコードディグ。〈オーディオテクニカ〉で聴きたいレコードの話

聴く / PR