Feel

7月25日〜7月31日 乙女座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の乙女座(8/23~9/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「山の向こうから、夜明けがやってくる。圧倒的な朝の光、金とオレンジが透明な光線になって大地を訪れる。私が最も愛し、神聖に思う瞬間。濃い緑の間に光がきらめいて、満ちてゆく。何もかもが勢いのいい夢に思える。」
――吉本ばなな『SLY』

古代、財産と食料とは同義でした。古代メソポタミア地方でも麦の栽培のため暦が作られ、暦のために天体観測がなされ、天体観測から神話が生まれ、占星術の原型が生まれたのです。

財産を増やして、安心、安定して暮らしていきたい、と願うのは古代人も現代人も同じです。

今週の獅子座エリアで起こる新月は、そのような“財産”について再考をしていくための大きな気づきがあるタイミングになります。

「私たちの財産や豊かさについて」をテーマにした、力強い切り替えポイントがやってきます。富の再分配をどのようにしていくのかがテーマになるでしょう。

この新月には成長拡大を司る木星が調和的に繋がり、些末なことに気を取られずにしっかりとデータをもとに判断できる聡明さをプラスします。

これまで関心のなかった周囲の状況に目を向けて、自分が最先端ではなく“時代遅れ”だと気がつくとき。一瞬、自信を失うかもしれません。

しかし、克服すべき課題や目標もはっきりし、ショックを原動力にできるので、現実に直面することは悪いことではありません。新しく仕切り直しができるチャンスです。

天高い場所を、夢とイマジネーションを司る海王星が運行し、運命や抗えない大きな力を司る冥王星と調和的に繋がっています。イニシエーションをもたらす配置。

良い意味で読めば、過去の素晴らしい記憶の中で、魂の輪郭線を確認できるような“魔法の雨”が天から降り注ぐイメージ。

悪い意味で読めば、強力な魔王のような支配者の見せる夢に人々が陶酔して過去に浸ってしまうような情景です。

海王星が人々に見せる夢は、人類全体や社会全体(大きな目的意識)に自分という個人を捧げて、生き方に筋が通り、道のりがクリアになっていくというものです。人生の純化であり、無駄と判断されたものとは決別していきます。

できれば、良い展開に繋がるように、この新月からの半年後の獅子座満月のタイミングまで、自分が見ようとしているもの(希望)は何であるのか、自覚的でいる方が良いでしょう。過去を振り返るにしても執着しないようにしましょう。

また、新月には、願い事がすでに叶った形で天に宣誓する「アファメーション」が効果があると言われています。各星座ごとにテーマが変わりますが、「どんな希望を持ち、時代遅れの価値観からアップデートするか」というのは共通します。

宣誓を5~10個、便せんや手帳などに書いて意識することで、半年後の獅子座満月のときにその宣誓が現実になっているというおまじないです。

乙女座の星模様

肩の力を抜いて

新月と木星の影響は、見えなかった場所に大きなほころびや恥ずかしいものがあったことに気がつくタイミング。

自己嫌悪に陥りながらもすぐさまそれを自己研鑽に切り替える、アップダウンの激しいジェットコースターのようなイメージです。

もし、眠りが浅くなったり、急に不安な気持ちになったり、ゆらゆらと情緒が揺れたりするならば、星の配置のせいかもしれません。そんなときは、カモミールティーなどを寝る前に飲むのも良いでしょう。

今週の海王星と冥王星の配置は、他者との付き合い方に迷いを生じさせるかもしれません。

いろいろと考えれば考えるほどに、混乱が増えてしまうかも。あまり深刻にならずに、いったん人間関係での悩みは横におき、仕事の業務に没頭すると良さそうです。

また、この天体配置は痛飲に繋がりそうでもあります。リラックスするための適度な飲酒に留めておきましょう。

愛と喜びを司る金星が人脈運を意味する場所を運行しているので、気楽な付き合いの友人と気晴らしをするのもおすすめです。

火星(意欲・闘争心)と天王星(改革・刷新)と水星がぶつかり合う位置にいることで、今自分が持っている知識や経験、環境よりも、新しくまだ知らないものを求めたい欲求が湧き上がってくるかもしれません。

その願いを叶えるためには、自由に変化に対応できる足場が必要になりそうです。

気持ちが先走り、考えすぎて神経が疲れるかもしれません。今すぐにできないことに焦らないでいること。

やりたいことが増えたり、向上心が生まれるのは良いことですが、できない自分、動けない自分を責める気持ちにならないように意識しておきましょう。力まずに。

新月アファメーションは、「無意識の見直し作業」「デッドストックの処分や整理」について天に宣誓すると良いでしょう。例えば、「古い考え方から新しい考え方にシフトできました」「流行遅れのものを処分しました」などです。

藤井隆行が約半世紀前の「オールドマルニ」をアップサイクル。伊勢丹新宿店で特別販売_椅子

「オールドマルニ」を藤井隆行(〈ノンネイティブ〉デザイナー)がアップサイクル。伊勢丹新宿店で特別販売

訪れる / PR