Feel

7月11日〜7月17日 蠍座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蠍座(10/24~11/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「私は夏の緑をみると、「現実をうけいれよう」という気持ちになる。うけいれあぐねるほど複雑な現実があるわけではないのだが、それでもとにかくいろんなことを、怖がらずにみんなうけいれよう、と思うのだ。」
――江國香織『夏の緑』

今週は14日に山羊座エリアで満月があります。今年の1月、山羊座新月でアファメーションで「種まき」をした人はこのタイミングが「収穫」となります。

新月と満月のテーマは、経済や社会との新しい関わり。どうすれば「生命力の復活」に繋がるのか。ただ、それを知るためには、自分にとって本当の「勝ち」そして「負け」とはなんなのか、前提条件を掘り下げることが大切になります。

いつの間にか、“そんなことに勝ってもしょうがない”というものが世の中には溢れていたかもしれません。そのことに気がつけば、立ち止まって、勝負をすること自体の愚かさを手放せるようになります。

夢やイマジネーションを司る海王星と、改革や刷新力を司る天王星がこの満月には調和的に繋がっています。私たちが「社会の仕組みは絶対に揺らがない」と思い込んでいた「構造の呪縛」から、個々の魂が自由になって、新しい大陸を発見するような視点の切り替えが起こるかもしれません。

また、愛と喜びを司る金星と、試練や責任を司る土星とが調和的に繋がることで、自分を惑わすような過剰な情報から離れることができ、これから創っていく未来について前向きに考えることができそうです。

蠍座の星模様

わからなさを愛する

今週の満月は、「身近な場所での学習」や「気軽な交流」「ワークショップ」などを意味する場所で起こります。

水のエレメントであり、心の繋がりで深い信頼を得ようとする蠍座は、自分と同じものや似たものに包まれていると安心する傾向があります。仲良くなろうと思ったときに、差異よりも共通点に注目するのです。

しかし、今回の満月では、他者との交流、コミュニケーションの中で、自分が大切にしているものと、他者が大切にしているものの差異を理解し、良い意味で「おそろい」を諦めて、愛を深めることのできるタイミングです。

「他者理解」とは、違いを愛することに他ならないからです。

わからないことも許容し、無理に理解やシンパシーをしないことで得られる心地よさもあるのだと学ぶときです。

本当に相手の大切なものを知ることができなくても、信頼関係を築くことはできるのです。

金星と土星の調和的な繋がりによって 、家族や大切な人との関係がスムーズになりそう。家事などの役割分担も効率良く進むでしょう。

心情的な理解や、シンパシーではなくエンパシー(相手の立場を知ることで協力的でいること)が心地よさを運んできてくれそうです。

先週に引き続き、パートナーや、バディ関係の同僚、契約相手、喧嘩相手、ライバルなど、様々な関係性の中で、メラメラと火星(勇気やバイタリティ)が燃えています。

対人関係の活性化であり、いさかいの火種になるかもしれません。パートナーの急な予定変更などがあっても、なるべく怒らないようにしましょう。

ブルータス BRUTUS〈ヘリーハンセン〉ALL TIME FLEECE

時代を超えて愛される〈ヘリーハンセン〉のフリースを、〈邦栄堂製麺〉の関康さんが纏う

着る / PR