Feel

7月11日〜7月17日 天秤座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の天秤座(9/23~10/23生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「私は夏の緑をみると、「現実をうけいれよう」という気持ちになる。うけいれあぐねるほど複雑な現実があるわけではないのだが、それでもとにかくいろんなことを、怖がらずにみんなうけいれよう、と思うのだ。」
――江國香織『夏の緑』

今週は14日に山羊座エリアで満月があります。今年の1月、山羊座新月でアファメーションで「種まき」をした人はこのタイミングが「収穫」となります。

新月と満月のテーマは、経済や社会との新しい関わり。どうすれば「生命力の復活」に繋がるのか。ただ、それを知るためには、自分にとって本当の「勝ち」そして「負け」とはなんなのか、前提条件を掘り下げることが大切になります。

いつの間にか、“そんなことに勝ってもしょうがない”というものが世の中には溢れていたかもしれません。そのことに気がつけば、立ち止まって、勝負をすること自体の愚かさを手放せるようになります。

夢やイマジネーションを司る海王星と、改革や刷新力を司る天王星がこの満月には調和的に繋がっています。私たちが「社会の仕組みは絶対に揺らがない」と思い込んでいた「構造の呪縛」から、個々の魂が自由になって、新しい大陸を発見するような視点の切り替えが起こるかもしれません。

また、愛と喜びを司る金星と、試練や責任を司る土星とが調和的に繋がることで、自分を惑わすような過剰な情報から離れることができ、これから創っていく未来について前向きに考えることができそうです。

天秤座の星模様

等身大の自分

1月の新月では「アイデンティティ」「外側のものとの同一性の感覚についての調整」、他者と自己との境界線をどのようにもつのかがテーマでした。

今週の満月は、その課題を一区切りしてくれるタイミングになりそうです。

「私は何者であるのか」「何に属しているのか」を見誤ると誰しも迷子になったような気持ちになり、不安定になります。

この半年で、自分がどこの誰で、どんな働きができるのか、確認するような出来事があったかもしれません。

等身大の自分を認めることは、時として難しくなることがありますが、この満月のタイミングで、まずは無理のない自分、背伸びなしでの実力を認めることが土台となり、その先の成長や夢や希望を求めることができるのです。

100%の完璧さ、完全無欠さをよしとするのではなく、欠けていても、歪んでいてもそれこそが自己としての“完璧”であると捉えることです。

みっともない自分やできない自分、弱い自分を許し、そこから伸びしろを期待しましょう。

金星と土星の調和的な繋がりの影響により、自分を鍛え、育てるために必要なものが手に入りそうです。海外のものや、ちょっと上質なものを身につけるのも吉。

成長拡大を司る木星が「パートナーシップを結ぶ」「公式な契約を交わす」ような場所にいることにより、多くの人との出会いの運気が高まっています。でも、良い顔をしすぎないことを心がけると良いでしょう。

仁村紗和が〈CITY COUNTRY CITY〉でレコードディグ。〈オーディオテクニカ〉で聴きたいレコードの話

仁村紗和が〈CITY COUNTRY CITY〉でレコードディグ。〈オーディオテクニカ〉で聴きたいレコードの話

聴く / PR