Feel

7月11日〜7月17日 牡羊座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の牡羊座(3/21~4/19生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「私は夏の緑をみると、「現実をうけいれよう」という気持ちになる。うけいれあぐねるほど複雑な現実があるわけではないのだが、それでもとにかくいろんなことを、怖がらずにみんなうけいれよう、と思うのだ。」
――江國香織『夏の緑』

今週は14日に山羊座エリアで満月があります。今年の1月、山羊座新月でアファメーションで「種まき」をした人はこのタイミングが「収穫」となります。

新月と満月のテーマは、経済や社会との新しい関わり。どうすれば「生命力の復活」に繋がるのか。ただ、それを知るためには、自分にとって本当の「勝ち」そして「負け」とはなんなのか、前提条件を掘り下げることが大切になります。

いつの間にか、“そんなことに勝ってもしょうがない”というものが世の中には溢れていたかもしれません。そのことに気がつけば、立ち止まって、勝負をすること自体の愚かさを手放せるようになります。

夢やイマジネーションを司る海王星と、改革や刷新力を司る天王星がこの満月には調和的に繋がっています。私たちが「社会の仕組みは絶対に揺らがない」と思い込んでいた「構造の呪縛」から、個々の魂が自由になって、新しい大陸を発見するような視点の切り替えが起こるかもしれません。

また、愛と喜びを司る金星と、試練や責任を司る土星とが調和的に繋がることで、自分を惑わすような過剰な情報から離れることができ、これから創っていく未来について前向きに考えることができそうです。

牡羊座の星模様

得られなかったからこその導き

今週の満月は、1月の山羊座新月のテーマだった「画一的すぎる基準」の呪縛をほどく時です。

生き物としての人間個々の性質には特別性が存在するのが当たり前であり、それを尊重することが大切です。

それを受けて、自分のできることと、できないことを見極めて、よい諦めを持てるようなタイミング。

既存の秩序を疑うことから始まる新しい希望。得られなかった物語からしか生まれないものがあります。

2022年前半で自分がどうあるべきかを悩んでいた人は、この満月のタイミングで、どのような選択をすることが自己尊重であり、健やかであるのか、納得できるでしょう。ここで腑に落ちた感覚は大切にしましょう。

思っていた希望のルートとは違うかもしれませんが、それこそが最善に繋がる道のりなのだと思うことです。

金星と土星の調和的な繋がりは、頭をスッキリとさせてくれるようなアドバイザーに出会うイメージです。

無駄がそぎ落とされ、自分の中核にある本質的なものが何であるのかがクリアになっていきます。

牡羊座は、今週も成長拡大を司る木星の加護を受けています。叶わない願いが目の前にあったとしても、落ち込むことはありません。それを単なる“伸びしろ”と思うことでよりたくましくなれそうです。

かっこいい大人の肌をつくる、色づき美容液 GOOD LOOKING by IROIKU

かっこいい大人の肌をつくる、色づき美容液 GOOD LOOKING by IROIKU

整える / PR