Feel

7月11日〜7月17日 水瓶座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の水瓶座(1/20~2/18生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「私は夏の緑をみると、「現実をうけいれよう」という気持ちになる。うけいれあぐねるほど複雑な現実があるわけではないのだが、それでもとにかくいろんなことを、怖がらずにみんなうけいれよう、と思うのだ。」
――江國香織『夏の緑』

今週は14日に山羊座エリアで満月があります。今年の1月、山羊座新月でアファメーションで「種まき」をした人はこのタイミングが「収穫」となります。

新月と満月のテーマは、経済や社会との新しい関わり。どうすれば「生命力の復活」に繋がるのか。ただ、それを知るためには、自分にとって本当の「勝ち」そして「負け」とはなんなのか、前提条件を掘り下げることが大切になります。

いつの間にか、“そんなことに勝ってもしょうがない”というものが世の中には溢れていたかもしれません。そのことに気がつけば、立ち止まって、勝負をすること自体の愚かさを手放せるようになります。

夢やイマジネーションを司る海王星と、改革や刷新力を司る天王星がこの満月には調和的に繋がっています。私たちが「社会の仕組みは絶対に揺らがない」と思い込んでいた「構造の呪縛」から、個々の魂が自由になって、新しい大陸を発見するような視点の切り替えが起こるかもしれません。

また、愛と喜びを司る金星と、試練や責任を司る土星とが調和的に繋がることで、自分を惑わすような過剰な情報から離れることができ、これから創っていく未来について前向きに考えることができそうです。

水瓶座の星模様

社会と自己との境界線

1月の新月から7月の満月までで、深層意識や集合無意識の暗がりの中で「誰にも見せない、誰にも言わない覚悟や、自分でも把握しきれない心」いわゆるコンプレックスと静かに向かい合うことがあったかもしれません。

この半年で友人知人と対話することで、自分の軸がはっきりした人もいるのではないでしょうか。

水瓶座は、大きな問題を扱おうとしてストレスを抱えてしまいがちです。

やろうとしていたことが身の丈以上ではありませんか?社会の中の差別や、構造的な問題なども個人の裁量で何とかしたい、と願望するようなことです。

なにかが足りていない感覚やネガティブな自己認識は、良い方向に使えば謙虚さや向上心に繋がります。

そしてそれは、個人で問題に対してあがくことだけでなく、他者と個性を活かし合いながら、横繋がりに平和的に繋がっていこうとする水瓶座の未来志向的なベクトルを助けるものにもなります。


しかし、今週は理想主義的な自分を知り、問題全てを解決することはできないと認めることです。自分が無理なく関われる範囲で落としどころを見つけましょう。

人間の弱さや多様性を認めることができるように、自分の弱さも容認し、自他の境界線をもって、自分自身を楽しんでいきましょう。

金星と土星の調和的な繋がりによって、心の窪みにピッタリとはまるような楽しい遊びで心身ともにリフレッシュするようなタイミングになります。

今週はあまりあちこちにエネルギーを飛ばさずに、気兼ねなく引きこもり、自分のために充電することを優先しましょう。

かっこいい大人の肌をつくる、色づき美容液 GOOD LOOKING by IROIKU

かっこいい大人の肌をつくる、色づき美容液 GOOD LOOKING by IROIKU

整える / PR