Feel

7月4日〜7月10日 獅子座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の獅子座(7/23~8/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「人間の歴史は、ブレーキがないまま、ゴールの見えない霧の中を走り続けている。だが、もし人間がこれからも存在し続けてゆこうとするのなら、もう一度、そして命がけで、ぼくたちの神話をつくらなければならない時が来るかもしれない」
――星野道夫

今週は、水星と金星が順に土星と調和的な角度をとります。土星が司るのは社会的責任や社会の構造、ルールなど。

この週では土星は逆行をし、「再確認」や「過去の振り返り」をしていきます。そこに知性やコミュニケーションを司る水星と繋がると、膠着状態をリセットするために異なる角度からの取り組みを考えるようなエッセンスになります。やり直しの力です。

また、人間が社会の中で生きていく上で大切なものは何か、じっくり思索するタイミングになりそう。

土星と、愛と喜びを司る金星が調和的に繋がると、「愛するものの不利になる社会制度を、多少無理してでも変えたい」という声が街に溢れてくるかもしれません。

また、「世代的な事象」「社会全体を揺るがすもの」を司る冥王星と、意欲や闘う力を司る火星がぶつかり合う配置が5日まで続きます。

懐かしい過去や場所を愛慕しながら、長期的に取り組むべき大きなテーマに目覚めるかもしれません。失ったものを想い、喪失感を超えて、未来を選んでいく姿勢です。

火星が5日に牡羊座エリアから牡牛座エリアへ移動し、持久力や自分の欲求を通そうとする強さを発生させます。妥協せず、強固なスタイルを貫くイメージ。

水星は週の前半は双子座を運行、後半は蟹座エリアを運行していきます。

「言葉」や「メッセージ」を司る水星が、理屈や理論(双子座)から、心や感情を大切にするエリア(蟹座)へと移るのです。

蟹座エリアを水星が運行すると、何かを伝えたいときに、自分でよくわかっている事柄こそ相手にうまく説明できないことがあるかもしれません。

真摯に、わかりやすくすることが大切です。また、「自分たち」という意識が強まり、家族や出身地、国家や民族といったさまざまな単位で、それぞれが自陣を守るために過剰な反応をしてしまうかもしれません。苛烈な言葉が飛び交うことも。

蟹座エリアを運行する太陽(メインテーマ)と、牡牛座エリアを運行する天王星(改革・刷新)が調和的に繋がることで、「嘘やごまかしのない生き方をするために、試行錯誤を繰り返し、努力をする」というムードが社会に広がっていきます。

「変わっていこう!」というポジティブなパワー。

10日は蠍座エリアを月が運行し、冥王星・海王星と「小三角」という調和的フォーメーションを作ります。

月(個人の感性)と冥王星(大きな時代の流れ)と海王星(夢や水面下の集合意識)の繋がりは、自分で感じ、考え、確信を得て、旧タイプの社会によって持たされていた欲望(毒)から抜け出す可能性を表します。

折しも、この日は投票日です。まるで選挙の投票用紙が、時代と個人の願いとを繋ぐチケットのように見えます。

「自分が生きるために何が大切なのか」「どんな時代に生きていきたいのか」を強く心に思い描きながら、社会が変革されていく大きな節目として投票し、個(月)と時代(冥王星)とがリンクするのを体感してみるのも良いでしょう。

獅子座の星模様

情けは人の為ならず

5日に火星が「キャリア」や「公的な場面」「社会参画」を意味する天の高い場所へと移ることで仕事が忙しくなりそうです。

勝負の時!と意欲が湧いてくる感覚があるかもしれません。先月に練っていたプランを実行したり、プレゼンテーションするのにも良いタイミングになります。

水星が「寝室やバックヤード」「隠されたもの」「深層意識」を意味する場所を運行し始めます。この場所には太陽も運行しているので、ルーティン的な行動から離れ、感情に流されずに思考していけそう。

自分の奥底を見つめ、魂の解像度を上げていくイメージ。迷いを消して、自分のために自分が強くなれる機会です。ヨガなどで内観するのも良いでしょう。

5日までの水星と土星の調和的な繋がりは、無茶なことをしている友人をフォローするような場面になりそう。アドバイスをしたり、具体的にサポートをしたり。

この配置に、土星と金星が仲良く繋がることがプラスされると、手間がかかったとしても、そのあとに素敵なご褒美や報酬が見込めそうです。友情も深まり、自分も爽やかで楽しい気持ちになれそう。

物事を見つめるときに、偏った視点ではなく全体的に眺めることが大切かもしれません。

10日の「小三角」の月は、獅子座とぶつかり合う位置にあります。

自分の身近な人をはじめ、さまざまな人の意見や心情を聞き、価値観が変わっていくかも。多様性や公共の幸せについてしっかりと考えると良いでしょう。

岩手県遠野市の日本産ホップの生産地へ。クラフトビールのFarm to Table Vol.1

岩手県遠野市の日本産ホップの生産地へ。クラフトビールのFarm to Table Vol.1

飲む / PR