Feel

2022年下半期 蠍座の運勢【七嶋ナオの12星座別ブルータス占い】

毎週更新「ブルータス週間占い」が好評の占星術師・七嶋ナオさんが2022年下半期の運勢を占います。2022年の蠍座(10/24~11/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

蠍座の星模様

休憩を挟みながら

責任と社会性を司る土星と、変革や改革を司る天王星が、蠍座にとって、厳しく緊張感がある配置となっています。土星は2020年から2023年まで水瓶座エリアを、天王星は2018年から2026年まで牡牛座エリアを運行します。この両方の影響を受け、「自分の居場所」と「パートナーシップ」について大きな変化があったり、努力や工夫を求められるような出来事があったかもしれません。

2022年の上半期は木星が魚座エリアを運行したことにより、「遊びと癒し」を取り入れることができるタイミングでした。
2022年の下半期は、木星が牡羊座に入り、2022年10月27日までと12月21日〜2023年5月16日は、他者のニーズに対してレスポンスやフォローしていくような仕事が増え、忙しくなりそう。自己ケアも大切です。

蠍座の下半期

7月後半〜8月後半は仕事での「勝負」がありそうです。また、獅子座エリアで新月が起きることで、仕事で「区切り」が生まれそうです。コミュニケーションや言葉を司る水星の影響により、感情や状況を言葉にして解説することを求められたり、発表の場に登壇したりするようなイメージがあります。

9月は人脈づくりに適した時期になりそうです。明るく楽しく、喜びで繋がる縁。

10月28日から12月20日まで、再び魚座エリアに木星が巡ることで、恋愛運がUP。焦らずに頑張りすぎない力加減が良さそうです。

〈ブレゲ〉「7337」ニューフェイス

200年の時を超えて、 現代に息づくクラシック。〈ブレゲ〉「7337」にニューフェイスが登場

着る / PR