Feel

2022年下半期 水瓶座の運勢【七嶋ナオの12星座別ブルータス占い】

毎週更新「ブルータス週間占い」が好評の占星術師・七嶋ナオさんが2022年下半期の運勢を占います。2022年の水瓶座(1/20~2/18生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

水瓶座の星模様

しっかりと潮目を読んで

水瓶座を表すキーワードは「未来」「IT・インターネット」「最先端技術」「電気で動くもの」「人権意識」「多様性」「博愛精神」「ジェンダーレス」……ざっと挙げただけでも、現在の世相に照らし合わせたときにぴったりと符合するのがわかります。

これから続く約200年の「風の時代」はやはり水瓶座が代表的なエッセンスを持っていると言っても過言ではないでしょう。

2022年上半期は「風の時代」の牽引役として活躍した人も多いのではないでしょうか。水瓶座の支配星(守護星)である土星は2022年下半期も水瓶座エリアを運行し、責任や試練も与えますが、しっかりと対応した分に見合った堅固な足場や土台を与えてくれます。

5月11日以降、木星が牡羊座に入っている期間(2022年10月27日までと、12月21日〜2023年5月16日)はご近所との交流で豊かさを楽しむ時間になりそうです。畑があるような場所なら野菜をもらえたり、都会ならばお得なチケットをもらったりする光景に似ています。近隣の散策、気の置けない友人とのコミュニケーション、お気に入りのカフェを見つけることなどがイメージです。

水瓶座の下半期

7月後半から8月半ばはパートナーシップについてエネルギーを使うと良さそうです。骨は折れますが、その分返ってくるものも大きいでしょう。

9月後半〜10月後半は、知的好奇心が心地よい風を起こし楽しい出来事が増えそう。10月後半〜11月後半は良い仕事が舞い込み、忙しくなりそう。

11月は2022年の前半に精力的に取り組んだことについて、「アンサー」や「報酬」が手元に届くようなイメージです。

12月は対人運が上がり、やってみたかった「面白そうなこと」を現実にできるようになるかもしれません。

真鍋大度さんの話。ストレスに負けず、結果を出しているプロたちの仕事と現場。 Vol.3

真鍋大度さんの話。ストレスに負けず、結果を出しているプロたちの仕事と現場。 Vol.3

飲む / PR