Feel

6月20日〜6月26日 天秤座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の天秤座(9/23~10/23生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「安心とは、『相手のせいで自分がひどい目にあう』可能性を意識しないこと、 信頼は『相手のせいで自分がひどい目にあう』可能性を自覚したうえでひどい目にあわない方に賭ける、ということです。 」
――『手の倫理』伊藤亜紗

今週は21日に、夏至となり、太陽が蟹座エリアを運行し始めます。

ここから蟹座が主役の1カ月の始まりです。また、夏至を迎える瞬間のチャート(天体配置図)は、占星術的区切りの第2四半期(6月21日〜9月22日)のテーマを表します。

蟹座のキーワードは「感情の共有」「養育する」「心をひとつにして仲間を増やす」「帰属意識」などが挙げられます。

蟹座的な「同じ価値観の人を増やしていこう」というパワーが世の中に溢れていく一方で、他の天体たちの配置はきっぱりと意見や気持ちをひとつにすることができないような雰囲気です。

仲間を信じて繋がるための紆余曲折期間となりそうです。「誰かを、何かを信じて、そこと繋がっていく。帰属していくこと」。

それは蟹座のエッセンスでもあり、チャートではICというポイントがその意味を持っています。

夏至のタイミングでは、そのICというポイントにぴったりと「心」や「個人」を表す月があり、成長拡大を司る木星とも重なっています。

雑多な情報を遮断して、心の奥底から熱中できるものに打ち込みたい気持ちになります。しかし、簡単にその状態には辿り着かないかもしれません。

なぜなら、愛と喜びを司る金星と、夢や幻、空想力を司る海王星、極端さを司る冥王星がチームを組むように繋がることで、月(心)を揺らしてくるからです。

新しいものと古いものの間や、複数の選択肢の間で右往左往している中で、どんな未来を見ていきたいのかをゆっくりと選ぶための回り道がつくられそうです。

所属するチームをひとつに絞らなくても良い場面でもあり、どこにどれだけ関係したらよいのか、混乱や迷走をする場面でもあります。

また、上下関係を逆転させたり、社会的ヒエラルキーを覆したりするような言論が広がり、それをどのように自分に取り入れていくのか、長考するタームでもあります。

夏の参院選のために、与党と野党を見比べて、しっかりと論点を確かめると良いかもしれません。

天秤座の星模様

本音で勝負

21日から太陽が運行する蟹座エリアは、天秤座にとって、「キャリア」や「公的な場面」「社会参画」を意味する場所です。仕事が忙しくなってきそうです。

また、蟹座と天秤座は共に「活動宮」で、物事をスタートさせたり、0から1を生み出す力があるとされています。

しかし、「美意識を大切にしたルールを重んじる線引き」(天秤座)VS「親しみをもって境界線を越えて関わろうとする」(蟹座)構図で、ぶつかり合うこともあります。

蟹座エッセンスが満ちるこの時期(6月21日〜7月22日)は、仕事の面において、天秤座的な距離の取り方を基準とするのではなく、蟹座エッセンスを含めた、情緒的な関わり方もプラスできると良さそうです。

火星と木星が運行するのは牡羊座エリアです。牡羊座も「活動宮」であり、「真正面にライバルが現れるような場面」になります。

もしくは、結婚を予定するような(公式な契約をするような)相手の出現かもしれません。

牡羊座のエッセンスは、表裏なくストレートに感情や自分の状況などをその時々ではっきり伝える力を持っています。なので、深読みや裏を考えずに済む気楽な相手や、はっきりとして分かりやすい交渉相手になりそうです。

活動宮に天体が多い今週は、建前よりも本音で勝負をしなくてはならない場面があるかもしれません。

金星が23日から双子座エリアを運行すると、旅行運が上がります。思い切って遠くまで出るのも良さそうです。

俳優・長谷川博己さんが体験する、 ダイナースクラブのプレミアムなラウンジ

ダイナースクラブのプレミアムなラウンジを俳優・長谷川博己さんが体験

訪れる / PR