Feel

6月20日〜6月26日 蟹座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蟹座(6/22~7/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「安心とは、『相手のせいで自分がひどい目にあう』可能性を意識しないこと、 信頼は『相手のせいで自分がひどい目にあう』可能性を自覚したうえでひどい目にあわない方に賭ける、ということです。 」
――『手の倫理』伊藤亜紗

今週は21日に、夏至となり、太陽が蟹座エリアを運行し始めます。

ここから蟹座が主役の1カ月の始まりです。また、夏至を迎える瞬間のチャート(天体配置図)は、占星術的区切りの第2四半期(6月21日〜9月22日)のテーマを表します。

蟹座のキーワードは「感情の共有」「養育する」「心をひとつにして仲間を増やす」「帰属意識」などが挙げられます。

蟹座的な「同じ価値観の人を増やしていこう」というパワーが世の中に溢れていく一方で、他の天体たちの配置はきっぱりと意見や気持ちをひとつにすることができないような雰囲気です。

仲間を信じて繋がるための紆余曲折期間となりそうです。「誰かを、何かを信じて、そこと繋がっていく。帰属していくこと」。

それは蟹座のエッセンスでもあり、チャートではICというポイントがその意味を持っています。

夏至のタイミングでは、そのICというポイントにぴったりと「心」や「個人」を表す月があり、成長拡大を司る木星とも重なっています。

雑多な情報を遮断して、心の奥底から熱中できるものに打ち込みたい気持ちになります。しかし、簡単にその状態には辿り着かないかもしれません。

なぜなら、愛と喜びを司る金星と、夢や幻、空想力を司る海王星、極端さを司る冥王星がチームを組むように繋がることで、月(心)を揺らしてくるからです。

新しいものと古いものの間や、複数の選択肢の間で右往左往している中で、どんな未来を見ていきたいのかをゆっくりと選ぶための回り道がつくられそうです。

所属するチームをひとつに絞らなくても良い場面でもあり、どこにどれだけ関係したらよいのか、混乱や迷走をする場面でもあります。

また、上下関係を逆転させたり、社会的ヒエラルキーを覆したりするような言論が広がり、それをどのように自分に取り入れていくのか、長考するタームでもあります。

夏の参院選のために、与党と野党を見比べて、しっかりと論点を確かめると良いかもしれません。

蟹座の星模様

ゆるく、仲間であること

21日に太陽が蟹座エリアを運行し始め、7月22日まで、「主役の1カ月」となります。

蟹座のエッセンスである「共感」の力が満ちていきます。蟹座は共感できる仲間や同胞を大切にする性質がありますが、異質なものを敵として認識し、排除しようとする傾向も持っています。

全体の空模様で書きましたが、今週を含む第2四半期(6月21日〜9月22日)のテーマは「信じて繋がるための紆余曲折期間」であり、きっぱりと“仲間かそれ以外か”を線引きをするのが難しいタイミングでもあります。

反射的に見切ってしまわずに、傾聴し、丁寧に結論を出していきましょう。

蟹座と同じ活動宮の牡羊座エリアの火星(勇気や意欲)と木星(成長拡大)は、「キャリア」や「公的な場面」「社会参画」を意味する場所を運行しています。

仕事の場面の活気が増し、自身も注目を浴びやすい時期です。メンバーそれぞれの独自性を活かしつつ、チームワークも大切にしていくための調整をする場面。少し手こずるかもしれません。

シンパシーよりエンパシーを持って挑みましょう。

また、23日に金星が双子座エリアに移動すると、直観力が高まりそうです。

あの味を生む人に会いに行く。錦江湾を起点に巡る、鹿児島の旅〈金七商店〉

製造の秘訣はクラシック音楽?国内外から注目を集める〈金七商店〉のカツオ節

訪れる / PR