Feel

6月13日〜6月19日 蠍座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蠍座(10/24~11/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「貝殻をひろうように、身をかがめて言葉をひろえ。ひとのいちばん大事なものは正しさではない」
――長田弘『渚を遠ざかってゆく人』

14日には射手座エリアで満月があります。昨年12月4日の射手座エリアでの新月でアファメーションをした人はそのテーマの収穫のタイミングになります。

射手座新月は「利他的な愛」や「物やお金に執着せずに人に施す心」「慈悲や慈愛」「寛容さ」の再発見でした。

自分の価値観が確立されていても、ときには異なる意見や立場の人と交流することが大切です。

今週の満月では、それを大勢の人がいる場で実感するかもしれません。未来へのヴィジョンを引き寄せる力のあるような満月です。

同じく14日には順行に戻っていた水星(知性やコミュニケーション)が、ホームグラウンドの双子座エリアを運行し始め、「知的な活動と社会の連携」が強まります。

また、試練と責任を司る土星は、愛と喜びを司る金星と厳しくぶつかり合う配置になります。これまでの時代に「良いもの」「愛や喜びである」とされていた事柄などの見直しをしていきます。

例えば、美談に仕立ててしまっていた無料奉仕的な労働を、“やりがい搾取”である、と認識するような場面。“正しいこと”の再設定をするときかもしれません。

今週は、水瓶座エリアを運行している土星の存在感がぐっと高まるタイミングとなります。

土星が司るのは、試練と責任の他、「足場や土台」「構造を支えるもの」「制約や節制」「時として障害となるもの」などです。

水瓶座のエッセンスは多様性を尊重し、性別、年齢、社会階級、文化などによって“制限されない”ことや、未来志向、独自性を尊重するものです。

土星の“制約力”と水瓶座の”制限されない力”が組み合うことにより「制限されないためのルール」を獲得していく力になります。

これらの土星・水瓶座のテーマに対して、双子座エリアを運行中の太陽が調和的な関係性で結びつき、鈍くなっていた理不尽な制約や暴力的な出来事に対する感覚を取り戻していきます。

繊細なセンサーを働かせ、社会問題としてフォーカスし、「個人の知性を社会(集団)の中で活かす方法を模索」する意識が高まっていきます。

蠍座の星模様

利他的であることを推奨

太陽は「深い縁(しがらみ)」や「繋がりの中での変容」「継承(先祖代々)」を意味する場所を運行し、土星は「家庭や家族」「自室や居場所」などを意味する場所を運行しています。

太陽と土星が調和的に繋がる影響で、主に家族との関わり方や、自分が帰属意識を持って所属している場での他者理解を見直ししていくのに良いタイミングになりそうです。

蠍座は、牡牛座と水瓶座と同じ「固定宮」というチームに属しています。そのためこれらの星座のエリアを運行している天体があると、蠍座は大きな影響を受けます。

水瓶座エリアを運行する土星と、牡牛座エリアを運行する金星は、緊張状態を持つ配置となり、「白黒どちらにするのか突きつけられる」ようなことがあるかもしれません。

誰に肩入れするのか、どちらの味方なのか、どこにどれだけリソースをさいて対応するのか、状況を繊細に察知して、よりバランスを取ることが重要になりそうです。

射手座エリアでの満月は、蠍座にとって「天与の財産」の場所で起こります。

昨年12月の新月では「規格から外れた才能=異能性、と気がつき、平均レベルでできることを多く持つよりも、尖がった能力が蠍座の武器になる」と納得することがテーマでした。

そして今回の満月では、守りに入りすぎずに、自分の才能や財産を利他的に有効活用していくことが良いタイミングとなります。

与えることと与えられることの循環を知っていれば、外向きに自分のエネルギーを打ち出すことが豊かさに繋がるのだと実感できるでしょう。

真鍋大度さんの話。ストレスに負けず、結果を出しているプロたちの仕事と現場。 Vol.3

真鍋大度さんの話。ストレスに負けず、結果を出しているプロたちの仕事と現場。 Vol.3

飲む / PR