Feel

5月30日〜6月5日 蠍座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蠍座(10/24~11/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

今週30日には双子座エリアで新月が起こります。

新月は、年に12回ある「新しいスタート」「仕切り直し」「リセット」のチャンスです。

各星座ごとに新月のテーマが変わりますが、今回共通するテーマは「呪いを解く」になります。

宣誓を5〜10個、便せんや手帳などに書いて意識することで、半年後の双子座満月のときにその宣誓が現実になっているという“願掛け(アファメーション)”(おまじない)があります。

小さな日常の中で「これは当たり前」と思っていた価値観を見直すタイミング。現実の厳しさを見据えながら、不可能を可能にするためにチャレンジすること。

特に「働き方」「雇用関係」「他者をケアする場面」などにおいて、常態的な犠牲をなくしていくには良いきっかけにできそうな新月。今までの環境や、それに付随する価値観から解放されるチャンスにできそう。

注意深く、知性と直観の両方をバランス良く持ちつつ、自分自身の細微な反応を大切にしましょう。「これで本当にいいのか?」と、本心に問いかけること。

迎合や嘘、誤魔化しを避けること。それによって、自分の生き方の純化が進み、方向性が違う存在とは離別していきます。

この新月には牡羊座エリアを運行する火星(意欲・勇気)と木星(成長・拡大)がゆるくリンクし、このタイミングでは価値観の転換をアグレッシブに応援してくれそう。

今までうすうす分かっていたことが明確になり、「ああそうなのか、じゃあ、こうしよう」という決断の後押しが得られるでしょう。

3日には、情報やコミュニケーションを司る水星が逆行から順行に戻ります。

取りこぼしていたものを拾い上げ、再確認し、それから前に進んでいきます。水星逆行が始まった5月10日よりも見通しが良くなっているでしょう。

また、水星と冥王星が調和的に繋がります。冥王星は社会の事柄とリンクする天体と言われ、運命や世相を映し出すような存在です(小さな人間が抗うことのできない、大きな運命=冥王星)。

現実(今)を踏まえてどんな未来がくるのかを直観する力が、水星(知性)に注がれます。

蠍座の星模様

人にも自分にも奉仕的に

「真正面にライバルが現れる」もしくは「公式な契約を交わす」ような場所を、3天体(水星、金星、天王星)が運行しています。

素晴らしい仕事の依頼や、デートのお誘いがあるような雰囲気です。パートナーから嬉しいギフトもありそう。

また、3日に順行に戻った水星と、「コミュニケーション」や「気軽な交流」「ワークショップ」などを意味する場所を運行する冥王星が調和的に繋がる影響で、スムーズに機転を利かせることができ、高評価を得られそうです。

火星と木星が「奉仕的労働」や「生産性を求める」場面を運行しているエネルギーを活かすために、いつもよりさらに利他的な行動を心がけると良いでしょう。

新月は双子座エリアで起き、火星と木星は牡羊座エリアを運行します。このとき、蠍座から見て、「ヨッド(神の指)」と呼ばれる形が浮かび上がってきます。

「ヨッド(神の指)」とは、全く理解できない要素を学び取り入れ、使いこなせなくてはならない、というようなプレッシャーを与える配置と言われています。

例えば、強いしがらみの中で、誰かのために無理をしすぎて歪になっているときに、その不自然さを浮き彫りにするのがヨッドです。

解決のために、パートナーや、安定感のある人(しかし、自分とは感性の違う相手)にアドバイスを聞くのが良さそうです。

新月アファメーションは、「深く没入することで成長する」「しっかりコミットメントすることで得られる豊かさ」について天に宣誓すると良いでしょう。例えば、「親戚付き合いがうまくでき、評価を得ました」「しっかりと絆が結べ、信頼を得ました」などです。

あの味を生む人に会いに行く。錦江湾を起点に巡る、鹿児島の旅〈MHS.ORGANIC〉

ほぼ未経験からの農業。有機栽培で次の世代によりよい環境を引き継ぐ〈MHS.ORGANIC〉

訪れる / PR