Feel

5月23日〜5月29日 乙女座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の乙女座(8/23~9/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

23日は、先週から逆行していた水星が双子座エリアから牡牛座エリアに移動します。作戦を立てるために必要な実際の状況の確認をするような場面。

25日は、情熱や意欲を司る火星が、ホームグラウンドである牡羊座エリアに入ります。
天体にはそれぞれ、「自分の家」とも言える居心地の良いサイン(星座)があり、そこに入ることで、その天体らしさがスムーズに発揮されます。

火星は赤く燃えているように見える天体です。ギリシア神話ではアレス(ローマ神話ではマルス)という戦いの神と紐づけられ、勇猛さや火花散る戦いも司っています。

火星が本領発揮できる牡羊座エリア(火のエレメント)を運行することによって、世界に「戦う力」がプラスされます。

29日には、先に牡羊座エリアを運行していた、成長拡大を司る木星とも重なり、“大きな火”が立ち昇るようなイメージになります。

「火」に関する神話といえば、プロメテウスの物語があります。ゼウスに火を取り上げられた人類を哀れんだプロメテウスが、ゼウスの許可なく人類に火を与えます。その火をもとに人類は文明や技術などをつくっていきます。しかしゼウスの予言通りに、その火を持つことで戦争を始めるようになったのです。

今週の天体配置が私たちに投げかけるメッセージは「この勢いのある“大きな火”をどのように使うのか」ということかもしれません。

28日には、愛と美を司る金星がホームグラウンドである牡牛座に入ります。今週は月の運行も合わせて4天体、月(心と体)、逆行中の水星(知性やコミュニケーション)、金星(愛と美)、天王星(改革や刷新)が牡牛座エリアを巡り、牡牛座の象意である「肉体性」「物質性」で対応する場面が強調されます。

乙女座の星模様

責任を伴うギフト

先週に引き続き、太陽は双子座エリアを運行します。乙女座にとっては「キャリア」や「公的な場面」「社会参画」を意味する場所となり、忙しい時間になりそうです。

専門的な質問を、誰かにたくさんされるようなイメージがあります。

「宗教や哲学」「高い精神性や専門的な学び」を意味する場所に4天体(月、逆行中の水星、金星、天王星)が運行します。

水星が強い運命を司る冥王星ともリンクして、自分が自分らしくあるために、よりもっと、何を学んでいくことが良いのか、気がつくタイミングになりそうです。

その学びが“役に立つのか、立たないのか”と考えないほうが良さそうです。愛を感じる方向を目指すこと。

火星と木星が「深い縁(しがらみ)」や「繋がりの中での変容」「継承(先祖代々)」を意味する場所を運行します。

職場の先輩から大きな案件を引き継いだり、親や祖父母から何かギフトを授かったりするような光景です。それはもしかしたら手間や負担も伴うかもしれません。受け取るには覚悟が必要です。

主演・佐々木蔵之介、銀座とディオール

主演・佐々木蔵之介。銀座とディオール

着る / PR