Feel

5月23日〜5月29日 蠍座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蠍座(10/24~11/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

23日は、先週から逆行していた水星が双子座エリアから牡牛座エリアに移動します。作戦を立てるために必要な実際の状況の確認をするような場面。

25日は、情熱や意欲を司る火星が、ホームグラウンドである牡羊座エリアに入ります。
天体にはそれぞれ、「自分の家」とも言える居心地の良いサイン(星座)があり、そこに入ることで、その天体らしさがスムーズに発揮されます。

火星は赤く燃えているように見える天体です。ギリシア神話ではアレス(ローマ神話ではマルス)という戦いの神と紐づけられ、勇猛さや火花散る戦いも司っています。

火星が本領発揮できる牡羊座エリア(火のエレメント)を運行することによって、世界に「戦う力」がプラスされます。

29日には、先に牡羊座エリアを運行していた、成長拡大を司る木星とも重なり、“大きな火”が立ち昇るようなイメージになります。

「火」に関する神話といえば、プロメテウスの物語があります。ゼウスに火を取り上げられた人類を哀れんだプロメテウスが、ゼウスの許可なく人類に火を与えます。その火をもとに人類は文明や技術などをつくっていきます。しかしゼウスの予言通りに、その火を持つことで戦争を始めるようになったのです。

今週の天体配置が私たちに投げかけるメッセージは「この勢いのある“大きな火”をどのように使うのか」ということかもしれません。

28日には、愛と美を司る金星がホームグラウンドである牡牛座に入ります。今週は月の運行も合わせて4天体、月(心と体)、逆行中の水星(知性やコミュニケーション)、金星(愛と美)、天王星(改革や刷新)が牡牛座エリアを巡り、牡牛座の象意である「肉体性」「物質性」で対応する場面が強調されます。

蠍座の星模様

双方向の確認

「パートナーシップを結ぶ」「公式な契約を交わす」ような場所に、4天体(月、逆行中の水星、金星、天王星)が運行します。

水星は強い運命を司る冥王星ともリンクし、良くも悪くも相手の本意がわかるような、決定的な言葉が出てきそうです。重要なやり取りが発生しそうな雰囲気。

自分の言葉や態度に、後悔が残らないようにしましょう。自分が求めているものを確認し、それをどう伝えているのか、さらに相手がどう受け取っているのかを見つめると良いでしょう。

「奉仕的労働」や「他者適応」を意味する場所に、火星と木星が運行しています。

相手に「何かをしてあげること」がはらんでいる暴力性を自覚すること、もしくは、相手から求められることで生まれうる傲慢さを冷静に理解しておくと、トラブルが回避できそうなタイミングです。

太陽が、「深い縁(しがらみ)」や「繋がりの中での変容」「継承(先祖代々)」を意味する場所を運行します。

「個人」としての自分ではなく、血や技能により代々繋がってきた「一族」としての繋がりについて、どのようなスタンスで接していくのかがテーマになりやすいでしょう。

あの味を生む人に会いに行く。錦江湾を起点に巡る、鹿児島の旅〈出水田鮮魚〉

鮮魚店で魚を買う日常を取り戻す、現代の魚屋〈出水田鮮魚〉

訪れる / PR