Feel

5月2日〜5月8日 獅子座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の獅子座(7/23~8/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

今週は、3日に愛と美を司る金星が、牡羊座エリアを運行し始めます。

金星が魚座エリアを運行していたときの雰囲気は、うっとりと耽溺するエッセンスを含んでいましたが、金星が牡羊座エリアを運行し始めると、カラリとした空気に変わります。

たとえるならば、フリルたっぷりなワンピースの似合う女性から、スポーツウエアの似合う女性に変わるようなイメージです。

勇気やバイタリティ、闘争心を司る火星、成長や拡大を司る木星、夢やスピリチュアルを司る海王星の3天体は魚座エリアを運行し、世界の境界線を曖昧にしたり、越境するような作用をもたらします。

5日には、太陽(この時期のメインテーマ)と改革やひらめき、刷新を司る天王星が、牡牛座エリアで重なります。

このタイミングがスイッチとなって、「現実的に変わろう」「身体性を伴う変化をしよう」と動き出すことができるかもしれません。

何か「1年間取り組む目標」を定めて、がむしゃらに取り組むことで、嘘やごまかしのない、「自分が納得する自分」をつくっていくスタートにもできそうです。

強い運命を司る冥王星と成長や拡大を司る木星が調和的な角度(関係性)で結ばれます。

どちらも世相や社会に影響が出やすい天体であり、大きな社会的判断が生じたり、一時的な調停や調和が生まれたりしそうなタイミングです。

獅子座の星模様

誇れる仕事を

金星が、牡羊座エリアを運行し始めます。獅子座にとっては「宗教や哲学」「高い精神性や専門的な学び」を意味する場所であり、遠方の叡智と巡り合う場所でもあります。

何を学ぶべきか、気がつく瞬間が訪れるかもしれません。

魚座エリアを運行する3天体の作用は「深い関係性(しがらみ)」や「繋がりの中での変容」「継承」を意味する場所に表れます。

獅子座は、自分を中心にしたほうが物事を進めやすい傾向がありますが、昨年末から今週を含む5月11日まで、大きな導きやご縁に守られながら、謙虚さを学ぶタイミングにできれば良いでしょう。

先週に引き続き、情報や知性、コミュニケーションを司る水星は双子座エリアを運行し、「人脈運」や「抜擢運」を炉の火を煽るふいごのように、水星が応援してくれそうです。

広報活動、ロビー運動、営業活動がスムーズに進みそう。宣伝のプロフェッショナルや情報通な人とミーティングするのも良いでしょう。

太陽と天王星が重なる牡牛座エリアは「キャリア」や「公的な場面」を意味する場所となります。

「エウレカ!(見つけた!)」と叫びたくなるような発見や気づきがあるかもしれません。誇れる仕事をするためには、リスクやロスがあったとしても、大きな方向転換を選んだほうが良いときもあります。

ひたむきに、労力を問わず打ち込むことにより、来年5月、再び太陽と天王星が重なるタイミングで、結実するような雰囲気です。

効率よりも、ここは意地と努力が実を結ぶ場面になりそうです。

OKAMOTO’Sオカモトレイジさんとヤクルト

OKAMOTO’S オカモトレイジさんの話。ストレスに負けず、結果を出しているプロたちの仕事と現場。 Vol.2

飲む / PR