Feel

4月25日〜5月1日 蠍座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蠍座(10/24~11/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

1日に、牡牛座エリアで新月が起こります。

「見えない心の奥底」や「集団的無意識」を通して、我々は“肥沃な宇宙中の母”とも呼ぶべき存在につながっています。

今週は、その母に見守られながら、人類が信じてきた豊かさや文明について再考することになりそうな天体配置です。

社会をつくってきたものの原点を見つめれば、いつの時代も「欲望」がそこにはあります。

我々人類が持つ豊かさへの「欲望」によってつくられてきた社会が、現代ではどれほど「いびつ」で、循環性がなく、破綻しているのかを目の当たりにし、「このままでは嫌だ」と感じさせることが次々と起こり、今まで社会に対して持っていた信頼を保つことが難しくなっていきます。

逆に言えば、社会の変化は、「欲望」の持ち方によって決まります。変革の燃料としての「欲望」を個々が的確に知ることで、理想的な未来をつくっていける可能性が生まれます。

新月と重なる、改革や刷新を司る天王星は、自分の限界をわきまえつつも挑戦し、ダメになった場合の責任を負う胆力も表しています。

新しい時代にふさわしい「欲望」をたぎらせ、自然や宇宙の調和力を味方にする新月です。

天頂を運行する、強い運命を司る冥王星の「あらゆる出来事に隠された意味を見抜く」パワーによって、欺瞞や虚構を打ち払う人々が増えていくかもしれません。

世界や社会に自分の欲望をコントロールされるのではなく、まず自分自身の「本当の幸せと豊かさ」をしっかりと見つめて、世界に打ち出す自分のエネルギーのベクトルをイメージすることが大切です。

また、新月には、願い事がすでに叶った形で天に宣誓する「アファメーション」が効果があると言われています。

各星座ごとにテーマが変わりますが、「欲望をしっかり見つめ、ポジティブに使っていく」のは共通します。

宣誓を5〜10個、便せんや手帳などに書いて意識することで、半年後の牡牛座満月のときにその宣誓が現実になっているというおまじないです。

蠍座の星模様

絆の再構築

30日に、知性やコミュニケーションを司る水星が双子座へ移動します。ホームグラウンドへの帰還を果たした水星は、本領発揮しだします。

水星は、蠍座にとっては「深い関係性(しがらみ)」や「繋がりの中での変容」「継承」を意味する場所に入ります。

水星には、くるくると機敏に動く少年のようなエッセンスがあるため、目上の人のためにテキパキと働く場面が訪れそうです。

また、「手紙・連絡」という意味も持つ天体なので、縁の深い人から連絡がありそうです。

1日の新月は蠍座にとって「パートナーシップ」を結んだり、「公式な契約を交わす」ような場所で起こります。

この新月が起きる牡牛座エリアは、蠍座の対向となり、その大きな影響を受ける位置となります。

他者に自分が求めるものと、相手から求められているものが、今まで思っていたのと違っているかもしれないと気づくようなタイミング。

自分の欲望と、相手の欲望の原点に立ち返ることが重要です。

あまり難しく考えずに、シンプルな欲求の声を聞いて、互いにどれだけ叶えられるのかを見極めていくこと。

まっさらにリセットする勇気を持って、関係を(意識の中で)一度解いてみましょう。そこから結び直しをすることで、心地よい関係を育むことができそうです。

うまくいっている人たちはさらに安定した絆を結ぶことになりそう。気まずくなっていたパートナーシップを改善したり、別れてしまった相手に復縁を求めたりするのも良いかもしれません。

「欲望」自体が悪いのではなく、「本当に求めているものとは一体なんであるのか」を、相手と自分との距離を少し離して考え、互いに無理のない解決法を探ることが大事です。

新月アファメーションは、「良いパートナーシップ」「良好な他者との関わり」について天に宣誓すると良いでしょう。例えば、「パートナーと欲望を恐れず共有できました」「相手の要望(欲望)について理解が深まりました」などです。

スコッチウイスキー「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年」 ペアリング

もしもあなたが〈ジョニーウォーカー〉を贈るとしたら。知っておきたい、最高のペアリング

飲む / PR