Feel

4月18日〜4月24日 天秤座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の天秤座(9/23~10/23生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

今週は20日に太陽が牡牛座に移動します。太陽が司るのはその時期の「メインテーマ」です。

占星術では牡羊座がトップバッター、スタートのサイン(星座)で、牡牛座は2番目のサイン(星座)となります。

四元素(地水火風)のうち、牡牛座は「地のエレメント」で、現実的な感性を持ち、支配星(守護星)は愛と喜びを司る金星です。

大地の豊穣さや物質的な恵み、五感的な美、肉体そのものや、身体性を伴った芸術(歌唱や舞踏)などはいずれも牡牛座のエッセンスとなります。俗世的な物欲も、牡牛座の世界に含まれます。

牡牛座エリアには、知性やコミュニケーションを司る水星、改革やイノベーションを司る天王星も運行しており、様々な場面で牡牛座的なテーマが浮き上がってくる1カ月の始まりです。

愛と喜びを司る金星、意欲やバイタリティを司る火星、成長と拡大を司る木星、夢やスピリチュアルを司る海王星の4天体が魚座エリアを運行しています。

4月30日に水星が双子座に移動するまでは、「地エレメント」と「水エレメント」を中心とした天体配置が続きます。

地と水は「受動性」や「女性性」と言い換えられます。世界を包む空気が、たおやかでやわらかな、愛や豊かさを感じさせるものになりそうです。体を癒やし、ケアするテーマが増えるかもしれません。

「地と水」エレメントが多いこのタイミングでは、「火と風」エレメントのチーム(牡羊座、双子座、獅子座、天秤座、射手座、水瓶座)の持つ「能動性」「男性性」の勢いが少し収まり、諍いの火花が静かになるイメージです。

天秤座の星模様

脱皮の痛み

太陽が「深い関係性(しがらみ)」や「繋がりの中での変容」「継承」を意味する場所に入り、水星、天王星も同じ場所を運行します。

自分の力では動かしにくい案件や、親や親族のテーマが浮上するタイミングになりそうです。何か受け継ぐ“ギフト”があるかもしれません。

牡牛座と天秤座はともに、愛と喜びを司る金星を支配星(守護星)に持っています。

牡牛座の美が野に咲く花であれば、天秤座の美はデザイナーの創意工夫による計算し尽くされた美です。

天秤座の人はもともとすぐれた審美眼やセンスがありますが、太陽が牡牛座を運行するタームでは、そこにさらに、自然の美や素材の上質さといった要素を足していくと良いでしょう。

牡牛座エリアの3天体(太陽、水星、天王星)と、魚座エリアの4天体(金星、火星、木星、海王星)と、天秤座との関係で、占星術の言葉で「ヨッド(神の指)」と呼ばれる形が浮かび上がってきます。

ヨッドとは、「全く理解できない要素を取り入れて使いこなせ」とプレッシャーを与える配置と言われています。

もし、誰かの依頼に完璧に応えようとしすぎているのなら、修行のようなヨッドの力を使い、一段進化することができそうです。

また、ヨッドのプレッシャーを打ち破るための味方として、「実直な誰か」が現れるかもしれません。

実際に会える人ではなくても、自立心が強く、情熱的な人物の言葉に励まされたり、目から鱗が落ちる感覚になるかもしれません。

自分が大きく成長できる時期としてポジティブに受け取っていきましょう。

赤兎馬 赤 

カクテルと器、語りたくなる〈赤兎馬〉とのペアリング

飲む / PR