Feel

4月11日〜4月17日 水瓶座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の水瓶座(1/20~2/18生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

今週は11日に、知性とコミュニケーションを司る水星が牡羊座エリアを抜け、牡牛座エリアに入ります。

牡羊座らしい直感的でストレートな思考や人との関わり方が、牡牛座の性質である現実的・安定志向なものに切り替わります。

15日には、意欲やバイタリティを司る火星が、水瓶座エリアから魚座エリアに移動。

水瓶座の論理的で押しの強い力が、魚座の感覚的で柔らかなエッセンスへとバトンタッチ。理屈ではなく共感をもとにしたエッセンスが広がりそうです。

火星を含め、愛と喜びを司る金星、成長と拡大を司る木星、夢やスピリチュアルを司る海王星の4天体が魚座エリアを運行することになります。

自己の精神と、他者との魂的なものとの共鳴感覚が無意識の中でうごめき合い、混沌とした世界になるかもしれません。正解を求めるほどに混迷していくタイミングです。

17日の天秤座エリアで起こる満月は、牡羊座にいる太陽(主軸テーマ)、天秤座にいる月(個人や心理)に、山羊座にいる冥王星(強大な運)が緊張状態で繋がっています。

この満月のテーマは、「起きた過ちを糧にし、限界を見極めて切り替え、マクロな視点を持つこと」です。

浅い眠りの中でぼんやりとしていた人々は、「より良い社会」にしたいという希望を持っています。

しかし、「より良い社会」を“ぼんやりと”求めたために「社会の悪いところは無視し、良いところ」だけをピックアップして見つめてしまい、希望的観測や自分にとって都合の良い情報ばかりを集めてしまう「確証バイアス」のために、世界全体を見ることができなくなっていたのかもしれません。

今回の満月は「失敗」が表れてくるタイミング。ここでやっと、これまでの偏りに気づくことになりそうです。

「失敗」は、失敗であった、過ちであったと認識することでしか存在できません。「失敗」に至るまでの流れを遡り、確認し、今を見つめ、認める強さがあってこそ、改善に繋がります。

「失敗」は、個人単位のつまずきだけでなく、大きなショックを伴う世界や日本全体のニュースとして表れるかもしれません。

視点や価値観の偏りを修正していくためには、失敗を糧にすることが大切です。大きな出来事でも、市井の人(一般の人)がそれぞれ自分ごとだという意識を強く持つことが求められます。

「立派な理念や目標」や「解決策」があったとしても、選ばれた人(偉い人や幹部だけ)が知っていて何とかするだろう、と放置するのではなく、小さな自分がやるからこそ意義があると、精神的連帯感を持ち、社会的アクションを実行することが日常に必要だと気がつくのです。

水瓶座の星模様

心の師を持つ

水星が「家庭や家族」「自室や居場所」などを意味する場所に入ることで、ご近所とのネットワークが良くなったり、家族とのコミュニケーションが多くなったりするかもしれません。

魚座エリアに移動した火星は「生まれたときから持っていた財産」や、「自分の資質を活かした豊かさ」などの意味がある場所を運行します。

先週に引き続き、金星、木星、海王星もここを運行していることから、財産が増える、物質的な恵みが増える場面とイメージできます。

魚座のエッセンスは浮世離れしたものや、スピリチュアル的なものも含み、地上のルールに縛られていないので、「なぜこんなことが起きるのだろう」と不思議な感覚になるかもしれません。

お金も物質も行動も感情も縁も、すべてエネルギーであるという想像をしてみましょう。巡ってきた財宝(エネルギー)は、循環させることでさらに良い運になります。分かち合いの心でいましょう。

満月は「宗教や哲学」「高い精神性や専門的な学び」を意味する場所で起こります。

習っていることや、学んでいることに結果が出てくるタイミング。失敗や挫折を乗り越えるために、想像力を持ち、転んでもただでは起きない精神であること。「師」と呼べるような存在がいることで心強さも増えていきます。

知的好奇心を満たそうとトライアル&エラーを繰り返すうちに、高殿(うてな)を昇り、視点が高くなり、見渡せる世界が広がります。

今週はそうやって、新しく「ここではないどこか」に向かっていける力を得るイメージです。

かっこいい大人の肌をつくる、色づき美容液 GOOD LOOKING by IROIKU

かっこいい大人の肌をつくる、色づき美容液 GOOD LOOKING by IROIKU

整える / PR