Feel

3月28日〜4月3日 魚座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の魚座(2/19~3/20生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「太古からの呼び声に、 人はどこかでそっと耳をすましている」
――星野道夫

31日の明け方頃に、魚座エリアを運行している月(心)、木星(成長・拡大)、海王星(夢・スピリチュアル)が重なり合い、ハーモニーを奏で、人々の深層意識に浸透していきます。

近くにあるのに、それでも深く、遠く、霧がかかった見えないところからの音を聞くイメージです。

その音に魂が呼応し自然界の全てに開かれた感性が目覚めて、霊性を高めるような天体配置となります。無意識に集団のニーズに応え、世界中の人々と夢を共有し、溶け合っていく大きな意識は、まるで海のうねりのようです。

国や文化や時代を超えて、「魂を持った存在」としての願いや祈りを多くの人と共鳴させるようなタイミングになりそうです。

水瓶座エリアで土星(社会的制約やルール)、金星(愛と喜び)、火星(争いや戦う力)が重なり、世界平和を求める声が高まり、そのための提案が掲げられるような雰囲気です。

4月1日には牡羊座エリアで新月が起きます。新月は、27日に牡羊座に入った知性やコミュニケーションを司る水星と重なっています。

新月が起きる場所は「祖先や過去からの遺産を受け継ぐ」意味を持ち、生と死の匂いを漂わせながら、今生きる人々にこれから新しい時代を担っていくための「自然のことわり」を授かるような新月となります。

「自然」と「人間」が二項対立で向かい合う存在であると考えるのではなく、自然に内包された存在としての人類がどうやって地球という閉ざされた環境の中で、良い循環を保って生きていくのかを模索するためのスタート。

人がつくった社会、制度、文化を遠い過去から見直し、再編成するきっかけ。“当たり前”と思っていることほど、見直す必要があります。

すでに世の中では「サステイナブル」という言葉が多く語られていますが、その必要性がより具体的に、実感をもって理解されるようなタイミングになりそうです。

また、新月には、願い事がすでに叶った形で天に宣誓する「アファメーション」が効果があると言われています。各星座ごとにテーマが変わりますが、「自然との調和を求め、どのように世界と関わるのかを選ぶ」のは共通します。

宣誓を5〜10個、便せんや手帳などに書いて意識することで、半年後の牡羊座満月のときにその宣誓が現実になっているというおまじないです。

魚座の星模様

自己信頼の海

今週、31日の月+木星+海王星は、「自分自身」を表す魚座エリアで重なります。

心という器があるならば、感情という水が溢れるようなイメージです。夢や希望を持つことで、広い海をどこまでも泳いでいけそうなタイミング。目標が具体的に見えなくても、流れに乗ることで冒険が始まります。

土星+金星+火星は重なり合い、「無意識」や「人には見せない秘密」「バックヤード」を意味する場所でエネルギーを広げています。

誰にも言わない確固たる覚悟が生まれるかもしれません。言葉にしないで、進むことで夢を叶える力になりそうです。

新月は、生まれたときから持っていた財産や、自分の資質を活かして豊かになることがテーマである場所で起きます。

様々な場所で、いったんは「順応」してしまえる柔軟さを魚座の人は持っていますが、本来の性質と合わないと感じると、縛られることなくまた別の場所に移動することが多いかもしれません。

今回の新月では、「良い循環」がテーマとなり、まるでここにいることがとても自然で、当たり前だったのではないかと思えるような、自分の資質を活かせる場所へと辿り着くためのきっかけが起こるかもしれません。

どのような場所で、どのように活かされたいのか、しっかりと自分の意志を持っていましょう。

また、自分の資質を活かすためには、自分の持っている才能やできることを信じる「自己信頼」が大切です。

新月アファメーションのテーマは、「自己資産(豊かさ)」「自分の資質を活かす」について天に宣誓すると良いでしょう。

例えば、「才能を上手に活かし豊かになりました」「貯金が増えました」などです。

ニトリ_家具

〈ニトリ〉で新しく生まれ変わった部屋には、旅路と同じ風が吹き抜ける

暮らす / PR