Feel

3月28日〜4月3日 蟹座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蟹座(6/22~7/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「太古からの呼び声に、 人はどこかでそっと耳をすましている」
――星野道夫

31日の明け方頃に、魚座エリアを運行している月(心)、木星(成長・拡大)、海王星(夢・スピリチュアル)が重なり合い、ハーモニーを奏で、人々の深層意識に浸透していきます。

近くにあるのに、それでも深く、遠く、霧がかかった見えないところからの音を聞くイメージです。

その音に魂が呼応し自然界の全てに開かれた感性が目覚めて、霊性を高めるような天体配置となります。無意識に集団のニーズに応え、世界中の人々と夢を共有し、溶け合っていく大きな意識は、まるで海のうねりのようです。

国や文化や時代を超えて、「魂を持った存在」としての願いや祈りを多くの人と共鳴させるようなタイミングになりそうです。

水瓶座エリアで土星(社会的制約やルール)、金星(愛と喜び)、火星(争いや戦う力)が重なり、世界平和を求める声が高まり、そのための提案が掲げられるような雰囲気です。

4月1日には牡羊座エリアで新月が起きます。新月は、27日に牡羊座に入った知性やコミュニケーションを司る水星と重なっています。

新月が起きる場所は「祖先や過去からの遺産を受け継ぐ」意味を持ち、生と死の匂いを漂わせながら、今生きる人々にこれから新しい時代を担っていくための「自然のことわり」を授かるような新月となります。

「自然」と「人間」が二項対立で向かい合う存在であると考えるのではなく、自然に内包された存在としての人類がどうやって地球という閉ざされた環境の中で、良い循環を保って生きていくのかを模索するためのスタート。

人がつくった社会、制度、文化を遠い過去から見直し、再編成するきっかけ。“当たり前”と思っていることほど、見直す必要があります。

すでに世の中では「サステイナブル」という言葉が多く語られていますが、その必要性がより具体的に、実感をもって理解されるようなタイミングになりそうです。

また、新月には、願い事がすでに叶った形で天に宣誓する「アファメーション」が効果があると言われています。各星座ごとにテーマが変わりますが、「自然との調和を求め、どのように世界と関わるのかを選ぶ」のは共通します。

宣誓を5~10個、便せんや手帳などに書いて意識することで、半年後の牡羊座満月のときにその宣誓が現実になっているというおまじないです。

蟹座の星模様

本音が大事

今週、31日の月+木星+海王星の作用は、宗教や哲学、高い精神性や専門的な学びや旅を表す場面に表れます。

昨年12月から関わっていた学びなどに気持ちも乗り、より深く集中していけそうです。

もしくは、大学や、研究所などの場を通じて、世界中の人の心をテレパシー的に感じるような、エモーショナルなタイミング。海外に今すぐに行きたい気持ちで溢れるような出来事があるかもしれません(もしくは、急な出張などが入るかも)。

土星+金星+火星が重なります。深い関係性(しがらみ)や繋がりの中での変容、継承を意味する場所を運行し、強い絆を感じることで、自分がより一層たくましくなると思えそうです。

新月は、社会貢献やキャリアを意味する場所で起きます。本音で仕事ができなければ意味がないな、と感じて、新しい仕事のスタイルに変革していくきっかけが起こるかもしれません。

「辛い気持ちを我慢する」ことが美徳のように語られる世界に、きちんとうんざりすることで、新しい世界に飛び込む勇気がわくようなタイミング。

感情を優先しすぎて喧嘩腰にならないように注意は必要ですが、怒るべき問題があるとしたら、しっかり取り上げて対処するといいかもしれません。

“人間性の回復”を軸にして、仕事の在り方や取り組み方を大きく改善するために、アクションを起こしても良いでしょう。仲間と共同声明を出すような場面にも見えます。

新月アファメーションは、「仕事運UP」「社会(仕事)と自然な関わり」について天に宣誓すると良いでしょう。

例えば、「心地よく仕事ができます」「サスティナブルな事業を行う会社に転職しました」などです。

あの味を生む人に会いに行く。錦江湾を起点に巡る、鹿児島の旅〈ふくどめ小牧場〉

日本唯一の稀少豚を、手間暇かけて大切に育てる〈ふくどめ小牧場〉

訪れる / PR