Feel

3月21日〜3月27日 乙女座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の乙女座(8/23~9/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

西洋占星術において、シーズンは「春分」「夏至」「秋分」「冬至」のタイミングで4つに区切られます。

3月21日の「春分」は太陽が牡羊座エリアに入る瞬間でもあり、1年を4つに分けたうちの1つめのタームつまり「第1四半期」の始まりです。占星術の世界では、この日から“新年”となります。

魂のグランドサイクル(誕生→成長→死後の世界→再び誕生)で言えば、誕生の瞬間となります。

春分から始まる牡羊座の持つエッセンスは「魂の海、死後の世界(魚座)から地上に爆誕した、生命の純粋な力」であり、命の炎で「火のエレメント」に属します。

牡羊座エリアに入った太陽は活力を得て、パワフルさを増します。

そして牡牛座エリアを運行する、改革を司る天王星と太陽が緊密な関係を結ぶことによって、「今までに全くなかった新しい方法をもって交渉をしていこう」「良い未来にするための方法をアピールをしていこう」と、世界がざわざわと、声を大きくしながら対話を繰り広げていくようなイメージです。

太陽は、破壊と再生を司る冥王星を牽制しつつも、微妙な距離感で関わっています。

そして、混沌化や境界線の溶解を司る海王星や、知性やコミュニケーションを司る水星、成長と拡大を司る木星が魚座エリアに運行することにより、市井の人々が発する声も専門家の活動も、全てが至る所で渦巻き、カオス的な状況となりそうです。

天の高い位置は「公共の場」であり「社会的に目立つ場所」という意味を持っています。今週はそこに個人や心、日常生活を表す天体の月が運行し、冥王星と厳しい角度(凶角)で繋がります。

個人VS社会情勢という図式でもあり、多くの人が心理的なストレスを感じるかもしれません。

これまで、社会的に良いことや理想を掲げていたとしても、それは机上の空論で、現実を変える力には繋がっていなかったという事実に気づくかもしれません。

そのショックを受け、そこから(外向きにも内向きにも)批判的な精神をもってして、個々の価値観や社会の在り方を正していくタイミングとなりそうです。

これらの星の配置は世界規模の「調和の在り方の再構築」「秩序の見直し」の予兆かもしれません。

乙女座の星模様

深い場所へ

「パートナーシップ」に関するテーマが2月中頃(もしくは昨年12月末)から、5月初旬まで続いています。

そんな運気がある中、今週は、太陽が魚座エリアから牡羊座エリアに移動したことにより、他者との交渉に関する面倒な事柄や対人関係での悩みについて、一息つけそうです。

しかし、それが根本的なところから解消したのかと言えば、少し違うかもしれません。

太陽の運行は、「契約交渉(魚座エリア)」の場面から「契約締結後の実行(牡羊座エリア)」の場面への移り変わりとなります。

たとえるならば、客間で契約を取り交わし、その後に奥の部屋に連れていかれるようなイメージがあり、より深い関わりが始まる光景にも見えます。

相手と深く関わっていく覚悟が必要な展開になるかもしれません。契約交渉のときには目がいかなかったことに気がつくこともありそうです。違和感を持ったのであれば、早めに引き返したり、再確認をすると良いでしょう。

奉仕的労働と自己ケアを意味する場所に、愛と喜びの天体である金星と、意欲やバイタリティを司る火星、責任と現実性を意味する土星が運行をします。

この場所のパワーは、乙女座の人には馴染み深く使いやすい「総務室」「庶務課」「執務室」「リネン室」のようなイメージです。事務的な仕事がはかどり、気持ちもすっきりとしそうです。

エンポリオ アルマーニのサステナブルコレクション

「北極」がデザインの着想源。〈エンポリオ アルマーニ〉のサステナブルコレクションで冬仕度

着る / PR