Feel

3月21日〜3月27日 天秤座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の天秤座(9/23~10/23生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

西洋占星術において、シーズンは「春分」「夏至」「秋分」「冬至」のタイミングで4つに区切られます。

3月21日の「春分」は太陽が牡羊座エリアに入る瞬間でもあり、1年を4つに分けたうちの1つめのタームつまり「第1四半期」の始まりです。占星術の世界では、この日から“新年”となります。

魂のグランドサイクル(誕生→成長→死後の世界→再び誕生)で言えば、誕生の瞬間となります。

春分から始まる牡羊座の持つエッセンスは「魂の海、死後の世界(魚座)から地上に爆誕した、生命の純粋な力」であり、命の炎で「火のエレメント」に属します。

牡羊座エリアに入った太陽は活力を得て、パワフルさを増します。

そして牡牛座エリアを運行する、改革を司る天王星と太陽が緊密な関係を結ぶことによって、「今までに全くなかった新しい方法をもって交渉をしていこう」「良い未来にするための方法をアピールをしていこう」と、世界がざわざわと、声を大きくしながら対話を繰り広げていくようなイメージです。

太陽は、破壊と再生を司る冥王星を牽制しつつも、微妙な距離感で関わっています。

そして、混沌化や境界線の溶解を司る海王星や、知性やコミュニケーションを司る水星、成長と拡大を司る木星が魚座エリアに運行することにより、市井の人々が発する声も専門家の活動も、全てが至る所で渦巻き、カオス的な状況となりそうです。

天の高い位置は「公共の場」であり「社会的に目立つ場所」という意味を持っています。今週はそこに個人や心、日常生活を表す天体の月が運行し、冥王星と厳しい角度(凶角)で繋がります。

個人VS社会情勢という図式でもあり、多くの人が心理的なストレスを感じるかもしれません。

これまで、社会的に良いことや理想を掲げていたとしても、それは机上の空論で、現実を変える力には繋がっていなかったという事実に気づくかもしれません。

そのショックを受け、そこから(外向きにも内向きにも)批判的な精神をもってして、個々の価値観や社会の在り方を正していくタイミングとなりそうです。

これらの星の配置は世界規模の「調和の在り方の再構築」「秩序の見直し」の予兆かもしれません。

天秤座の星模様

揺れを楽しむ

太陽が牡羊座を運行することで、真正面にライバルが現れるような場面になります。もしくは、結婚を予定するような、(公式な契約をするような)相手の出現です。

縁談や交渉中の契約をまとめるには良いタイミングとなります。

また、他者の存在によって、自分自身を知ることができるチャンスです。

天秤座の人は、意識的にも無意識的にも周囲や環境と調和的であろうとバランスを探る傾向がありますが、今週、誰かにそのバランスを揺さぶられることがあるかもしれません。

そのように、内的調和を崩されることにより、自分自身のことで初めて気づくことがあるのです。 

天秤座にとって牡羊座のエッセンスは「対」となるものです。

たとえるならば、「社交・他者との調和(天秤)」と「個人・一人でできることへの挑戦(牡羊)」や、「人が手掛けた美(アート)やデザイン(天秤)」と「素材そのものの力強さ(牡羊)」のような組み合わせです。

太陽が牡羊座エリアを運行する今週21日から4月19日までは、牡羊座のパワーを真正面から浴びる時期になり、良い刺激を受けることができそうです。

創造性や恋愛や楽しいアクティビティ全般といった、遊びや喜びを意味する場所に、愛と喜びの天体である金星と、意欲やバイタリティを司る火星、責任と社会性を意味する土星が運行をします。

太陽が牡羊座エリアを運行することと相まって、「恋愛運」「出会い運」が高まります。

恋愛だけにとどまらず、趣味の合う楽しい誰かと出会えそうなタイミングです。

赤兎馬 赤 

カクテルと器、語りたくなる〈赤兎馬〉とのペアリング

飲む / PR