Feel

3月14日〜3月20日 獅子座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の獅子座(7/23~8/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

《三月が残酷だとは聞いてない 窓の向かうに梅枝(ばいし)は揺れて》
――資延英樹

今週はパワフルな満月があります。今回の満月では、時代が大きく変わっていく様子を目の当たりにすることもあるかもしれません。

今週の満月のテーマは「噓やごまかしをよしとせずに、望むものに命がけで飛び込む、捨て身の意志による現状打破」であり、世の中に“次の時代”の新鮮なメッセージを伝える予言(見)者的な存在が現れるかもしれません。

この満月には冥王星が吉角で繋がります。冥王星が他の天体に120度という吉角で関わる場合、「根源的なところからの修復」や「作り直し新しくする」再生力が与えられます。

否応なく世界が大きく変わっていく、ターニングポイントになるかもしれません。

冥王星は、天王星、海王星とともに「トランスサタニアン」と呼ばれる天体です。

これらの天体は時代思潮を表し、個人の範疇に収まらない巨大で運命的な力を引き連れています。社会全体や世代的な出来事にも大きく関与し影響を与えると言われ、破壊と再生を司る冥王星は、3天体の中でもひときわ強大な力を持っています。

さらに、今週冥王星が運行している山羊座エリアは「社会構造」や「父権的な制度」などのパワーを持ち、社会の出来事とリンクしていきます。

そんな冥王星の影響は、月という個人の柔らかな心を表す天体と関わることで、変化を望む人にはよきものとなり、変化を望まない人には自分の居場所を壊されてしまうような衝撃として表れるかもしれません。

また、今週太陽は魚座エリアの運行を終えようとしています。週明け21日の牡羊座太陽の運行が「誕生の産声」であるとすると、今週は、誕生直前の緊張感と、新しい命への期待に満ちた静かな喜びに満ちているタームになります。

獅子座の星模様

こだわって、得る

試練や宿題を司る土星が、獅子座の対向・水瓶座エリアを運行する2020年末から2023年3月までは「長期的な修業」のような期間でもあります。

2022年に入ってからも、かなりハードな局面に何度かぶつかって、すでに乗り越えてきているのではないでしょうか?

そんな中、自分の才能をいかに収入に繋げるかということや働き方について課題を抱えていた人にとっては、今週18日の満月は解決の糸口がつかめそうなタイミングです。

満月は、財産や資産運用、資質を活かして豊かになることがテーマである場所で起きます。

この場所には、生来の才能を自分自身がどのように道具として使っているのかが問われる意味もあります。

獅子座のキーワードには「誇り高さ」や「王のような尊厳」などがあり、社会とどのように折り合っていくのか、時にはその関わりの中で、プライドを挫くようなこともあったかもしれません。

満月では、「自分が納得した形で関わる」「尊厳を失わない仕事をする」「迎合をせずに振り切っていく」ことが重要になるので、損をするのを恐れて言えなかったことを言ってみたり、半端に付き合いをしている状態を本音で打破したりする機会にすると良さそうです。

先週に引き続き、深い関係性(しがらみ)や繋がりの中での変容、継承を意味する場所に太陽・水星・木星・海王星の4天体が運行しており、相手の懐の深い場所に思い切って飛び込むことが良い作戦になりそうな雰囲気です。

実直さ、率直さを美点とし、真摯に訴えることで、自分も他者も納得感のあるポイントにたどり着けそうです。

堀込高樹 レクサス LC500

ミュージシャン・堀込高樹がレクサスを試乗。LC500を運転して感じた最上級の心地よさとは?

運転する / PR