Feel

3月14日〜3月20日 牡羊座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の牡羊座(3/21~4/19生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

《三月が残酷だとは聞いてない 窓の向かうに梅枝(ばいし)は揺れて》
――資延英樹

今週はパワフルな満月があります。今回の満月では、時代が大きく変わっていく様子を目の当たりにすることもあるかもしれません。

今週の満月のテーマは「噓やごまかしをよしとせずに、望むものに命がけで飛び込む、捨て身の意志による現状打破」であり、世の中に“次の時代”の新鮮なメッセージを伝える予言(見)者的な存在が現れるかもしれません。

この満月には冥王星が吉角で繋がります。冥王星が他の天体に120度という吉角で関わる場合、「根源的なところからの修復」や「作り直し新しくする」再生力が与えられます。

否応なく世界が大きく変わっていく、ターニングポイントになるかもしれません。

冥王星は、天王星、海王星とともに「トランスサタニアン」と呼ばれる天体です。

これらの天体は時代思潮を表し、個人の範疇に収まらない巨大で運命的な力を引き連れています。社会全体や世代的な出来事にも大きく関与し影響を与えると言われ、破壊と再生を司る冥王星は、3天体の中でもひときわ強大な力を持っています。

さらに、今週冥王星が運行している山羊座エリアは「社会構造」や「父権的な制度」などのパワーを持ち、社会の出来事とリンクしていきます。

そんな冥王星の影響は、月という個人の柔らかな心を表す天体と関わることで、変化を望む人にはよきものとなり、変化を望まない人には自分の居場所を壊されてしまうような衝撃として表れるかもしれません。

また、今週太陽は魚座エリアの運行を終えようとしています。週明け21日の牡羊座太陽の運行が「誕生の産声」であるとすると、今週は、誕生直前の緊張感と、新しい命への期待に満ちた静かな喜びに満ちているタームになります。

牡羊座の星模様

正直であること

満月は奉仕的労働と自己ケアを意味する場所で起きます。

奉仕・貢献的である、ということは世の中で「善いこと」とされています。しかし、そこに打算や迎合が含まれていれば、奉仕を行う側も、受ける側も真の喜びは見出せなくなるものです。

この満月では、昨年9月頃から関わってきた奉仕的な仕事に対して、「思い切って本音でぶつかっていこう」と決意するタイミングになりそうです。

そもそも、牡羊座の人には、「嘘を嫌う」や「自分の気持ちに正直である」という性質があるのですが、その素直さを相手に見せる場面がやってきた、というイメージです。

どんなアプローチや関わり方が、自分も相手もスッキリとして遺恨を残さないか、仕事の相手ならばその利害関係も踏まえた上で、自分の中で新しいコミュニケーション方法をつくっていけそうです。

この満月には魚座エリアを運行する海王星のエネルギーもプラスされ、生きることの本質を見失うことなく、自分が変わることを自然に選んでいけそうです。

物事をシンプルにとらえられるようになり、根本的、中核的なものを「これこそが自分の大切なもの」とつかむことができ、安心できそうです。

先週に引き続き、「秘密を隠している」などを意味する場所に太陽・水星・木星・海王星の4天体が運行している影響により、心の奥底にあるものがフォーカスされそうです。暗示的な夢を見るかもしれません。

また、すでに太陽は「牡羊座エリア運行」を予感し、魚座(胎内)から、牡羊座(誕生)のタームに入っています。なぜだか期待に胸が膨らみ、喜びが満ちる週になりそうです。

〈TYPICA〉共同創業者・山田彩音に聞いた、コーヒーを未来へとつなぐために実現させた“生豆の新たな流通の形”

おいしいコーヒーの新しいプラットフォーム〈TYPICA〉を知っていますか?

学ぶ / PR