Feel

3月7日〜3月13日 獅子座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の獅子座(7/23~8/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模

《もうひとつの道がある。透明な革命を選ぶことだ。ゆるむことで強くなる。攻撃力を捨てることで生き残る。眠ることで目覚める。価値観の網の目を変えて、物理的には指一本触れることなく世界を覆すのだ。》
――穂村弘『透明な革命』

今週の10日に、知性や言語感覚を司る水星が魚座に入ります。それにより、魚座エリアには太陽、水星、木星、海王星の4天体が運行することとなり、世の中に「魚座的な要素」がさらに増えていきます。 

「魚座的な要素」とは、人間中心主義のルールや構造、差別主義や権力主義のヒエラルキーを打破し、生き物としてのプリミティブな感性を大切にしていくことであり、スピリチュアルな感性とも言えます。

非言語的なアートや音楽とも親和性が高く、多様性があることが当然であり、包摂的な社会がイメージされます。ゆるむことで強くなる世界です。

さらに13日には、太陽が海王星に重なります。

海王星は「集団の夢」「集合無意識」であり、社会が持つ幻想や欲望、希望や願望を司ります。個人の思いというよりも、時代思潮を表す天体です。

海王星は魚座の支配星(守護星)であり、互いに似通った性質を持ちます。

境界線を溶かしていくような作用や、忘我状態(トランス)や霊性や宗教への陶酔や傾倒的な姿勢と関連し、”現実とは幻影である”という夢想的なエネルギーです。

世界全体が、ひとつの気持ちという”被膜”に包まれるような、強大な妄想の中にはまり込むかもしれません。

太陽は「意識」「目標に向かって進もうとする力」であり、海王星と重なることで、集団的な祈りや願いを感知するようになります。

それによって社会に超ヒューマニズム的な思想を含む潮流が生まれ、育つタイミングとなります。

アート、音楽、映画、ドラマなどのジャンルで旋風を巻き起こす作品が出てきたり、夢が現実味を帯びたりしてくるかもしれません。

獅子座の星模様

不退転の決意

獅子座には「祭りの高揚感」や「創作」「アート活動」というキーワードがあります。

今週、それらの要素が、太陽・水星・木星・海王星の4天体が運行する魚座の「芸術」「魅了する」「陶酔させる」というエッセンスと組み合わさることにより、他者を魅了する力や、感動を呼ぶような表現力が高まるタイミングとなります。

コアなファンを掴んで行う、クローズドな展示会に似た雰囲気でもあります。

他者や物事と深くコミットメントしていくことでしか得られない大切なものがあります。たとえるならば、狭い洞窟で圧迫感を感じながらも宝物を見つける冒険にも似ています。

自由な振る舞いは難しい場面かもしれませんが、忍耐強く洞窟の中を進むタイミングです。不退転の決意がさらに獅子座の人を強くしてくれるでしょう。

先週に引き続き、社交やパートナーシップ、契約を意味する場所に愛と美を司る金星と勇気やバイタリティを司る火星と、責任や社会性を司る土星が運行しています。

特に金星と火星がこの場所を巡る4月初頭までの期間は、「愛について」がテーマとなって浮上するかもしれません。

また、この週は月を含め、獅子座と同じ火のエレメントの星座を巡る天体がありません。燃えるパワーの味方がいない状況と言えます。

やる気や元気を得るには、焚き火や、直火での焼肉などがおすすめです。

海抜60m、窓の外には熊本城。展望露天がさらに進化した〈カンデオホテルズ〉へ。

海抜60m、窓の外には熊本城。展望露天がさらに進化した〈カンデオホテルズ〉へ。

訪れる / PR