Feel

3月7日〜3月13日 山羊座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の山羊座(12/22~1/19生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

《もうひとつの道がある。透明な革命を選ぶことだ。ゆるむことで強くなる。攻撃力を捨てることで生き残る。眠ることで目覚める。価値観の網の目を変えて、物理的には指一本触れることなく世界を覆すのだ。》
――穂村弘『透明な革命』

今週の10日に、知性や言語感覚を司る水星が魚座に入ります。それにより、魚座エリアには太陽、水星、木星、海王星の4天体が運行することとなり、世の中に「魚座的な要素」がさらに増えていきます。 

「魚座的な要素」とは、人間中心主義のルールや構造、差別主義や権力主義のヒエラルキーを打破し、生き物としてのプリミティブな感性を大切にしていくことであり、スピリチュアルな感性とも言えます。

非言語的なアートや音楽とも親和性が高く、多様性があることが当然であり、包摂的な社会がイメージされます。ゆるむことで強くなる世界です。

さらに13日には、太陽が海王星に重なります。

海王星は「集団の夢」「集合無意識」であり、社会が持つ幻想や欲望、希望や願望を司ります。個人の思いというよりも、時代思潮を表す天体です。

海王星は魚座の支配星(守護星)であり、互いに似通った性質を持ちます。

境界線を溶かしていくような作用や、忘我状態(トランス)や霊性や宗教への陶酔や傾倒的な姿勢と関連し、”現実とは幻影である”という夢想的なエネルギーです。

世界全体が、ひとつの気持ちという”被膜”に包まれるような、強大な妄想の中にはまり込むかもしれません。

太陽は「意識」「目標に向かって進もうとする力」であり、海王星と重なることで、集団的な祈りや願いを感知するようになります。

それによって社会に超ヒューマニズム的な思想を含む潮流が生まれ、育つタイミングとなります。

アート、音楽、映画、ドラマなどのジャンルで旋風を巻き起こす作品が出てきたり、夢が現実味を帯びたりしてくるかもしれません。

山羊座の星模様

遊んで、豊かになる

この春から新しく習い事をする人も多いかもしれませんが、特に山羊座の人は、2月から5月初旬は「学ぶ」ことに幸運がついてくるイメージがあります。

身近な場所での学習や、気軽な交流、ワークショップなどを意味する場所に、太陽・水星・木星・海王星の4天体が運行します。

その場のムードは魚座エリアのエッセンスを汲み、リラックスや大きな広がりを感じられるようなものを持っています。

今週は、そのような幸運の鍵を現実のものにできるように、遊び心のある習い事で自分を耕したり、軽やかな交流で、調和的に過ごすと良さそうです。

山羊座の人は「役に立つ」「実用性がある」「実利がある」ことを優先する傾向がありますが、今週を含む、魚座エリアに天体が多く運行する時期は、習い事をするとしたら、「役に立たないこと」が豊かさに繋がっていると学べるようなものが良さそうです。

自分の枠を乗り越えて、できる限り真面目に不真面目をやっていくようなことをしてみてほしいのです。

秩序を重んじる山羊座の人だからこそ、秩序を揺らし、溶かし、遊ぶことで、ふくよかな文化性や豊穣な人間性を得ることができるのです。

財産や資産運用、自分の資質を活かして豊かになることがテーマである場所に、愛と美を司る金星と勇気やバイタリティを司る火星、責任や社会性を司る土星が運行しています。

手堅く資産の運用ができそうなタイミングです。また、入ったらすぐその分出ていくというような、急なお金の出入りがあるかもしれません。

俳優・中島歩 サウナ “ととのい”〈THREE FOR MEN GEENTLING〉

サウナ後の新習慣。心も体も整う〈THREE〉のホリスティックケアを俳優・中島歩が体験

整える / PR