Feel

2月28日〜3月6日 双子座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の双子座(5/21~6/21生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

今週は3月3日に新月があります。

太陽(意識)と月(無意識)が重なることで、頭(思考)と身体(腹落ち・納得)が合致するような感覚となるでしょう。

今回の新月のテーマには、太陽と月だけではなく、新月のポイントに吉角で関わる天王星や、水瓶座エリアで重なる水星と土星、山羊座エリアで重なる冥王星と火星、金星も大きく関わってきます。

新月は肉体的な現実意識と心の深い場所にある意識とが重なり合うタイミング。

「自分自身(個人)でできる限界を知る」「病や痛みから教わる」「伝統や集団性について」新しい世界をひらくために、自己と社会を、大きなタイムスケール感をもって見つめることがテーマ。

改革を司る天王星は「もっと手厚く」「もっと生活を豊かにするために」「肉体性を大切にすること」を求め、もっと、欲望を上手に使うように社会や人々を揺らします。

知性を司る水星は「あるがままを認め」「オープンマインド」であることを示し、責任や社会性を司る土星は「決めつけをやめ」「都度、トラブルに対処していく強靭さ」を課題としています。

極端さを司る冥王星、愛と美を司る金星、意欲やアグレッシブさを司る火星の重なり合うポイントに含まれるテーマは、「もう現行の世界・座標(ルール)では健康的に生きていけないと多くの人が気がつくこと」「他のルートがあることに気がついて、そちらに飛ぼうとする力」です。

現状から変化をしたくなるような状況や、勇気を奮い立たせなければならないような出来事があるかもしれません。

新月を含む今週の全体テーマは、「今生きる社会に対するそれぞれの視座の確認」であり、その先に求めるものが、新しい世界への飛翔なのか、現実世界の改革への覚悟や切望なのか、(第三の選択として)バーチャルリアリティーな世界での幸せや実感を求めるのか、人により違う選択になりそう。

「もうこんなのはイヤだ」という気持ちから始まる、痛みから押し出されることで目覚めるような新月のイメージです。

また、新月には願い事がすでに叶った形で天に宣誓する「アファメーション」が効果があると言われています。各星座ごとにテーマが変わりますが、「古いものを捨て、新しいものを取り入れる」のは共通します。

宣誓を5〜10個、便せんや手帳などに書いて意識することで、半年後の魚座満月のときにその宣誓が現実になっているというおまじないです。

5日には太陽と木星が重なり、6日には金星、火星が水瓶座エリアを運行し始め、「切り替わり」や「節目」と感じることが多くなるかもしれません。

双子座の星模様

誉れの週

新月はキャリアや仕事を意味する場所で起こります。

「仕事をうまく進めるにはこうすれば良かったのか」と、目から鱗が落ちる感覚になるかもしれません。

昨年12月末くらいから、怒涛のように仕事が増え、自分のペース配分が難しいこともあったかもしれません。

この新月のタイミングで思い切った方向転換や、効率を上げるメソッドが見えてスッキリしそう。転職を考えるのも良いでしょう。

新月のアファメーションについて、双子座の人は良い案件や手応え、やりがいのある仕事についてすると良いでしょう。

例えば、「大きな仕事を任されました。」や「やりがいのある仕事を楽しめています。」「良い仕事を通じて新しい展開になりました。」などです。

5日には、太陽と成長や拡大を司る木星が重なり、昨年12月末から関わっていた仕事や、培った技能などについて評価を受けそうです。また、注目を浴びることにより、言動が慎重になったり、仕事に対して丁寧になったりもしそうです。

6日には、愛と美を司る金星と勇気やバイタリティを司る火星がキャリアや仕事を意味する場所から「遠方への旅」や「叡智を探究する」など、ここではないどこかへ心や身体を移動させることを意味する場所に移動します。

同じ場所には、責任や社会性を司る土星と、知性やコミュニケーションを司る水星が運行中。旅行運もUP、専門的な分野を学ぶことも吉です。

あの味を生む人に会いに行く。錦江湾を起点に巡る、鹿児島の旅〈サウスマックス〉

「塩の味は海の味」。鹿児島・佐多岬で釜焚きの塩「楽塩」を作る〈サウスマックス〉

訪れる / PR