Feel

2月21日〜2月27日 乙女座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の乙女座(8/23~9/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

今週は、先週に引き続き、太陽と、成長や拡大を司る木星、融解性とスピリチュアリティを司る海王星が魚座を運行し、あらゆる価値観の境界線を溶かして見直しをうながすようなスピリチュアリティ溢れるパワーが広がっています。

魚座のエッセンスである「生命の原型として、魂の在り方を問う」ことをテーマにするタイミングでもあります。

また、木星と太陽は、改革や改善を司る天王星と良い配置になり、医療・農業・食品などの分野で目覚ましい進歩があるかもしれません。

社会的土台や責任を司る土星に、知性や情報を司る水星が接近し、重なっていきます。

社会の公平さとは何かを明らかにする働きがあり、ためこまれていた情報が解放されるかも。

運命的な力を司る冥王星の今週のテーマは、極限状態を抜けた後に新世界を発見したり、「この世にはこのルールしかない」と思い込んでいたものを打ちこわして他の座標があると知ったりすることです。

より良く生きるためには、現実を大切にしつつ、スピリチュアルなものも活かし、凝り固まった常識を超えて現状打破することが望ましい雰囲気です。

占星術の概念において、太陽は「表層意識」「意図的に行うこと」「公的なもの」「能動」を、月は「無意識」「思考を必要としない日々の営み」「私的なもの」「受動」の意味を持っています。本能的でプリミティブな霊的感応を司るのも月です。

現代社会では太陽が表す側面が重視されがちですが、今週を含む、太陽が魚座エリアを運行する3月中旬までのタームでは、月的なエッセンスを意識し、自然のサイクルを感じたり、神話的なものに触れるのをおすすめします。



現代社会では太陽が表す側面が重視されがちですが、今週を含む、太陽が魚座エリアを運行する3月中旬までのタームでは、月的なエッセンスを意識し、自然のサイクルを感じたり、神話的なものに触れるのをおすすめします。

乙女座の星模様

愛をテーマに

今週も、先週19日から始まった魚座エリアの太陽+海王星+木星の組み合わせに影響が出やすいタイミングが続いています。

乙女座の持つ「まとめる力」や「分析する力」をバラバラにしたり、曖昧にしたりするのが魚座のエッセンスです。

そのエネルギーに抗うよりも、上手に受け流すイメージで、おおらかな気持ちで過ごすことが大切です。

とくに、太陽、木星、海王星の3天体がパートナーシップを意味する場所にいることから、良くも悪くもたくさんの人に出会う時期になります。

婚活は良い時期ですが、神経質にならないように「いろいろな人がいるのだな」と受け入れていきましょう。

成長や拡大を司る木星と太陽が、改革や改善を司る天王星と良い配置になり、専門知識を持つ人や、海外との縁が強まりそうです。

責任と社会性を司る土星と、コミュニケーションを司る水星は、奉仕的労働を意味する場所を運行し、効率良く仕事が片付いていくイメージです。

新しいやり方を取り入れたり、過去に放置されていた仕事の再取り組みもテーマに上がるかも。

月の運行は「自己ケアと遊び」がテーマになります。

週前半は体をいたわったり、部屋の掃除をしたりするのが吉。週後半は自分一人がこっそりと楽しくなるような遊びを取り入れると良さそうです。

馬場圭介らが自分のスタイルで着る〈マーガレット・ハウエル〉。個性を引き立てワードローブに馴染む服

馬場圭介らが自分のスタイルで着る〈マーガレット・ハウエル〉。個性を引き立てワードローブに馴染む服

着る / PR