Feel

2月21日〜2月27日 獅子座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の獅子座(7/23~8/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

今週は、先週に引き続き、太陽と、成長や拡大を司る木星、融解性とスピリチュアリティを司る海王星が魚座を運行し、あらゆる価値観の境界線を溶かして見直しをうながすようなスピリチュアリティ溢れるパワーが広がっています。

魚座のエッセンスである「生命の原型として、魂の在り方を問う」ことをテーマにするタイミングでもあります。

また、木星と太陽は、改革や改善を司る天王星と良い配置になり、医療・農業・食品などの分野で目覚ましい進歩があるかもしれません。

社会的土台や責任を司る土星に、知性や情報を司る水星が接近し、重なっていきます。

社会の公平さとは何かを明らかにする働きがあり、ためこまれていた情報が解放されるかも。

運命的な力を司る冥王星の今週のテーマは、極限状態を抜けた後に新世界を発見したり、「この世にはこのルールしかない」と思い込んでいたものを打ちこわして他の座標があると知ったりすることです。

より良く生きるためには、現実を大切にしつつ、スピリチュアルなものも活かし、凝り固まった常識を超えて現状打破することが望ましい雰囲気です。

占星術の概念において、太陽は「表層意識」「意図的に行うこと」「公的なもの」「能動」を、月は「無意識」「思考を必要としない日々の営み」「私的なもの」「受動」の意味を持っています。本能的でプリミティブな霊的感応を司るのも月です。

現代社会では太陽が表す側面が重視されがちですが、今週を含む、太陽が魚座エリアを運行する3月中旬までのタームでは、月的なエッセンスを意識し、自然のサイクルを感じたり、神話的なものに触れるのをおすすめします。

獅子座の星模様

引き継ぐ力

先週に引き続き、太陽+木星+海王星が深いしがらみや動かしようのない人間関係を意味する場所に入ります。

この場所には他にも「遺産相続」や「パートナーの財産」「何かを継承する」といった意味もあります。

目に見えない恩恵とそれに伴う制約や条件に遭遇しやすいタイミングです。このタイミングで跡取りとして白羽の矢が立つこともありそうです。

先祖代々のエネルギーも関与する場所なので、今週から3月中旬までの時期にお墓参りなども吉です。

成長や拡大を司る木星と太陽が、改革や改善を司る天王星と良い配置になり、何かを引き継いだことで仕事が発展するような雰囲気。状況や展開をしっかりと受け入れる胆力を持っていれば心配はないでしょう。

責任と社会性を司る土星と、コミュニケーションを司る水星はパートナーシップを意味する場所を運行し、先週と同じ「誠意をもって言葉を尽くす」ことがテーマとなります。

また、獅子座にとっては水瓶座エリアが、このパートナーシップの場所(ハウス)に当たります。

獅子座の人は、水瓶座エリアを運行する天体の影響を受けやすいので、今の時期に浮上するパートナーシップに関するテーマには、正面から取り組むことが大切になります。

「秘密の開示(暴露)」という出来事もあるかもしれません。何もかもを明らかにすることが正しさや優しさではありませんが、場合によっては全てを丁寧に伝えることが最善策になるでしょう。

月の運行は、カフェでお茶をしながらほっと一息ついた後に仕事にもどるような雰囲気。

週前半は雑談で気晴らししたり、遊びの要素を取り入れたり。週末の方が仕事が捗るかもしれません。

OKAMOTO’Sオカモトレイジさんとヤクルト

OKAMOTO’S オカモトレイジさんの話。ストレスに負けず、結果を出しているプロたちの仕事と現場。 Vol.2

飲む / PR