Feel

2月14日〜2月20日 蟹座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蟹座(6/22~7/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

今週は19日に太陽の運行は水瓶座から魚座に移ります。

占星術において太陽とは、世界においては「生命の源泉」であり、個人においては「人生を創造する力」「生命力」「自分の内側から湧いてくる意欲」とされています。

太陽が1年の周期で12の星座を一巡りし、約1カ月ごと、星座から星座へ移動するたびに世界に広がるムードやテーマが切り替わっていきます。

牡羊座からスタートする12星座のうち、12番目の魚座のキーワードは「目に見えないものの世界」「自我の溶解」「境界線を溶かす」「魂のレベルでの回復」などがあります。これらの性質が含まれている地上のものとして、お酒や芸術、芸能などが挙げられます。

そして、魚座のあとに控えた「1番目の牡羊座」で、また純粋な命の炎として地上に生まれ落ちるための、魂の禊期間とも言えます。

今週2月19日から約1カ月間、これらのテーマが浮上してくるのです。

さらに魚座エリアには魚座の守護星(支配星)の木星(成長や拡大を司る)と海王星(融解性やスピリチュアリティを司る)が運行しています。木星も海王星も魚座をホームグラウンドとする天体です。ホームグラウンドにいる天体はその性質を伸びやかに発揮すると考えられています。

魚座的なとろける要素×海王星的なとろける力× 木星の拡大力によって、とてもメルティさが強調されることになります。

この3天体が揃うのは、およそ150〜165年に1回であり、貴重な配置です。

知性やコミュニケーションを司る水星が水瓶座を再び運行し、問題に対して具体的にどのような作戦を立てたらいいのか、良いアイデアがひらめきそうです。

17日は獅子座エリアで満月が起こります。

昨年8月の獅子座新月のテーマ「非日常を日常として受け入れていく」が熟成し、今週の満月では、そうして生まれた「日常」で「日々の細やかな事柄に注目し、つらさの中にも気楽さや喜びを見つけていく」ということがテーマになってくるかもしれません。

蟹座の星模様

旅への誘い

先週に引き続き、愛について真剣に向かい合うことや、交渉することが大きなテーマとなりそうです。

パートナーのいる人も、これからパートナーを得たい人も、2月中は他者と心を通わせるコミュニケーションができるように注力していきましょう。

さらに知性やコミュニケーションを司る水星の運行によって、今までよりもさらに深い心のうちをさらし合うような濃い交渉が続くかもしれません。感情の発生源を的確に把握することが大切になりそうです。

17日の満月は、蟹座の人にとって財産や資産を表す場所で起こります。才能を活かして稼ぐ場面でもあります。

昨年の8月頃から、どんなことを長所として役立たせていくか、何をして稼ぐのが良いことなのか悩んでいた人は、このタイミングで見通しが立ったり、ひとつ、納得できる役割を得られたりするかもしれません。自己価値の確認ができそうです。

太陽が魚座エリアを運行すると、魚座と同じ「水のエレメント」である蟹座には強い影響力が働きます。

蟹座にとって魚座エリアは宗教や哲学、高い精神性や専門的な学びを意味する場所になります。その要素が、太陽が進行することによって活性化していきます。

さらに太陽が運行する同じ場所に、魚座の守護星(支配星)である木星と海王星がいることで、哲学的な話や学問への感度がますます高まるかもしれません。

師と仰ぐ人と出会えたり、運命的な展開で遠くに住むことになったり、旅行に行くことになったり、どうしても学びたいことができて、大学進学を選んだりするかもしれません。

扉が開いたら、進むのみです。

ザ・クラッシュとドクターマーチンの共作

〈ドクターマーチン〉と「ザ・クラッシュ」が46年越しのコラボ。定番の3ホールと8ホールが登場

着る / PR