Feel

2月7日〜2月13日 獅子座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の獅子座(7/23~8/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

今週は、静かで、受動的な雰囲気でありつつ、たくましさも含んでいます。

植物の根は見えなくとも大地にしっかりと伸びていき、新芽が硬い表皮の内側で準備を始めている姿に似ています。

10天体が順行し物事がスムーズに進むタイミング。堅実さや手応えをそれぞれの星座が感じる週になりそうです。

7日の朝に牡羊座から牡牛座に月が移ります。今週、それ以降はどの天体も「火のエレメント」を通過しない星回りとなってきます。

今週から3月終わり頃までの空模様は、日々の月の運行を除いて、「火のエレメント」が不在であることが特徴となっています。

占星術の概念として、12の星座(サイン)には4つの「エレメント」というグループがあります。

「火のエレメント」(牡羊座・獅子座・射手座)は情熱や意欲、自立性、分離する力やアグレッシブさという動的な性質を持っています。

「地のエレメント」(牡牛座・乙女座・山羊座)は現実性や堅実性、地上の出来事のルールや常識を重んじる性質があるとされ、物事を整えたり管理する力となります。

「水のエレメント」(蟹座・蠍座・魚座)は感情や情動、共感性や情緒を持って他者と繋がっていこうとする性質。

「風(大気)のエレメント」(双子座・天秤座・水瓶座)は知性や論理、思考や言語によってコミュニケーションを図る性質。

「火のエレメント」の不在期間は、メラメラと燃えるような熱意に煽られるような能動性よりも、じっくりと静かで受動的で、着実なイメージです。

天体の運行におけるイベントは、それぞれの星座から見てどんな意味を持つ場所(ハウスと呼びます)で起きるかによって、各星座での影響も変わります。

獅子座の星模様

とことん語り合う

知性と伝達を司る水星が順行になって、運の強さを司る冥王星と重なったことで、スケジュールや段取りが、パワフルかつスムーズに進みそうです。

この数週間は何かと雑務や下準備的な作業が多かったかもしれません。その紆余曲折や葛藤が素材となって、寄り合い、組み合わされ、一本の丈夫な組紐になっていくイメージです。

ディスカッションや会議、プレゼンテーションの場面などがあれば今週は、良い手応えを得られそうです。

また、パートナーシップのハウスに太陽と慎重さや誠実さを司る土星がいることで、大型案件の契約などもイメージできます。

他者と誠意を持ってとことん話し合うことをテーマにすると、より良い展開や成果に繋がりそうです。

社会的な存在として自分をカッコイイと思えるような言動を選びましょう。

幸運を運ぶといわれる木星の恩恵をうまく受けるには、何もかもをコントロールしようと画策するよりも、肩の力を抜いて、大きな流れにゆったりと身を委ねるような気持ちでいる方が良さそうです。

月の運行は、徐々に獅子座に近づきながら満ちるターム。細かいことにとらわれずに、自分なら大丈夫だ、と根拠なく信じてみましょう。

ブルータス BRUTUS〈ヘリーハンセン〉ALL TIME FLEECE

時代を超えて愛される〈ヘリーハンセン〉のフリースを、〈邦栄堂製麺〉の関康さんが纏う

着る / PR