Feel

1月24日〜1月30日 蠍座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蠍座(10/24~11/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

今週は、例えるならば「安全装置の確認」時期です。

少し先の話をしますが、2月中旬から3月中旬の太陽が魚座エリアを運行する時期は、境界線が溶け、陶酔と幻想の力が強まることで世界が迷走しやすい期間となりそうです。

ニューノーマルな世界を羽化後の蝶とするならば、この「溶ける時間」はイモムシがサナギになって変態していく様にも似ています。

溶けて緩まるからこそ体験できることもありますが、その力に翻弄されすぎないように、「安全装置の確認」をしていくことが大事になります。

今週は少し未来のことも考えつつ、しっかりと過去の振り返りと、未来の設計図を描くことが大切です。

ホロスコープを読むときに使われる基本10天体のうち、7つの天体が山羊座と水瓶座を運行し、ふたつの星座に共通する「社会構造」というテーマが色濃く出てきます。

山羊座の「縦方向の構造」と水瓶座の「横方向の構造」を見つめ直すチャンス。

今現在、社会に噴出している問題を鋭く精査していくために、過去の公的な機関や人物の過ちについて厳しい追及があったり記録(公文書)などの問題について見直しがされたりするかもしれません。

「こんな社会でいいのか」を考えること。

社会的責任の行方、公助の必要性、税金について、人権について、国からの補償について、多くの人が興味を持ち、求めていくことがテーマになります。

蠍座の星模様

愛の時間

先週に引き続き太陽が水瓶座エリアを運行すると、自室や自宅、所属先やチームとの関わりについてやることが増えていきそうです。

責任と課題を司る土星も同じ場所にいるので、居場所の安定性を高めたり、家庭を持つことで土台を得るタイミングとするのも良いでしょう。

成長・拡大を司る木星は魚座を運行し、恋愛のチャンスを運んできています。この流れは2022年5月前半まで続きます。

蠍座の愛はとても深く、強く、純粋です。真剣さを「重たい」とは考えずに美点として捉え、運命の人と巡り会えるイメージを強く持ちましょう。

山羊座エリアの5天体運行は兄弟姉妹との交流や、近所の散策などの楽しさを与えてくれそうです。

誰かと出会う運気も、もしかしたら身近な人からの紹介かもしれません。どこからか誘いがあったら積極的に参加すること。リラックスして新しい人とも会う機会を増やしていきましょう。

雑談をすることで仲良くできるので、いくつか気軽に話せるテーマを用意しておくのも良いでしょう。

トヨタの最小ミニバンシエンタ

シエンタで、カルチャーはじめる!自然を体感するアウトドア編

運転する / PR