Feel

1月24日〜1月30日 蟹座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蟹座(6/22~7/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

今週は、例えるならば「安全装置の確認」時期です。

少し先の話をしますが、2月中旬から3月中旬の太陽が魚座エリアを運行する時期は、境界線が溶け、陶酔と幻想の力が強まることで世界が迷走しやすい期間となりそうです。

ニューノーマルな世界を羽化後の蝶とするならば、この「溶ける時間」はイモムシがサナギになって変態していく様にも似ています。

溶けて緩まるからこそ体験できることもありますが、その力に翻弄されすぎないように、「安全装置の確認」をしていくことが大事になります。

今週は少し未来のことも考えつつ、しっかりと過去の振り返りと、未来の設計図を描くことが大切です。

ホロスコープを読むときに使われる基本10天体のうち、7つの天体が山羊座と水瓶座を運行し、ふたつの星座に共通する「社会構造」というテーマが色濃く出てきます。

山羊座の「縦方向の構造」と水瓶座の「横方向の構造」を見つめ直すチャンス。

今現在、社会に噴出している問題を鋭く精査していくために、過去の公的な機関や人物の過ちについて厳しい追及があったり記録(公文書)などの問題について見直しがされたりするかもしれません。

「こんな社会でいいのか」を考えること。

社会的責任の行方、公助の必要性、税金について、人権について、国からの補償について、多くの人が興味を持ち、求めていくことがテーマになります。

蟹座の星模様

絆について考える

太陽は深い自己変革と絆の場所を運行し、同じ場所に責任と課題を司る土星もいます。

その配置の影響により、親や親類など動かしようがない存在、もしくは血縁ではなくても縁が深い存在と真面目に関わっていくタイミングとなります。与えるものと受け取るものについて、遺産相続や何かを継承する、というテーマが出てくるかもしれません。

さらにパートナーシップの部屋に5天体が運行する影響もあり、自分のことよりも目の前の人のことを優先していくことが多くなりそうです。

他者に心を開き、深く信頼し、繋がることで大きな喜びを得られるタイミング。誰と手を取り合っていくのかという課題が浮上しやすいタイミングでもあり、真剣に考える場面です。相手の立場をイメージすることを忘れないようにしましょう。

感情に流されたり、自己防衛に走ることで喧嘩にならないように注意しましょう。

成長や拡大を司る木星は魚座を運行し、蟹座と調和的な関係性で結び付きます。夢やロマンをないがしろにすることなく、大切に育てることで2022年の全体に良い流れが生まれてくるのです。

感染予防は必要ですが、水のある街への旅行も良さそう。柔らかさやリラックスモードを大切にしましょう。

OKAMOTO’Sオカモトレイジさんとヤクルト

OKAMOTO’S オカモトレイジさんの話。ストレスに負けず、結果を出しているプロたちの仕事と現場。 Vol.2

飲む / PR