Feel

1月10日〜1月16日 魚座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の魚座(2/19~3/20生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

太陽は山羊座のエリアの中でも最も「山羊座らしさ」を発揮する場所(21~25度数)を運行しています。では、山羊座らしさ、とは何か。「社会性」「集団や組織」「野心」「堅実性」というキーワード、そして、「今、ここ」にある現実を直視する才能が、それらの基礎にあります。

過去でも未来でもなく、「今、ここ」からブレず、強く、深く居ることができる精神と、現状をありのままに見つめるのは、胆力がなくてはできないことです。逆行中の金星は太陽に重なり、今を知るための振り返りを促し、過去に存在した良い要素を抽出していきます。

生まれた星座(太陽星座:生まれたときに太陽が位置していた星座)が山羊座でなくとも、太陽が山羊座を運行している間、全ての人に「今、ここ」を見つめる力がプラスされるというイメージです。自分たちが生きている時代や社会がどんな状態なのかをしっかりと見つめましょう。

14日に水瓶座のエリアで水星が逆行を開始し、この逆行は2月初旬まで続きます。この期間は公共交通機関の運行の乱れ、ガジェット類の故障、メール誤送、ダブルブッキングや連絡ミスなどが起こりやすいとされています。

バッファを取ったり、データのこまめなバックアップを取ったりすることを推奨。水星の逆行を良いパワーとして活用するならば、「久しぶりに連絡を取る」「再会」「復習が捗る」「失くしていた本が見つかる」などの光景が浮かんできます。

魚座の星模様

無意識の安心感を求めて。リラックスisパワー

信頼は「相手のせいで自分がひどい目にあう」可能性を自覚したうえでひどい目にあわない方に賭ける、ということです。(『手の倫理』伊藤亜紗/講談社選書メチエ より引用)

「信頼」とはとても難しいものかもしれません。それでも上の言葉のようにある種の“賭け”を覚悟して進むことが必要になってきます。

今週は、出会った人と集団性を帯びた繋がり、連帯感が広がっていく光景。「信頼」できる人と繋がることができそうな週。

「今、ここ」でフォーカスしていくのは、自分は出会う人たちをどのように「信頼」できているのか、ということ。反転してそれは「何かあっても自分なら困難を乗り越えていけるだろう」という自己信頼に繋がります。

土星(試練と宿題)と、逆行している水星(知性)は過去にあったことを夢で教えてくれるかも。無意識の中に埋まっている、他者への不信(=自己不信)を他者への信頼(=自己信頼)に置き換えることで光が満ちるような雰囲気です。

見えない敵に苦戦しているときは、自分はきっと大丈夫、と信じてみましょう。「きっと、うまくいく」と勇気を胸に、起きたことに誠実に対応すれば問題はないはずです。

魚座の守護星でもある、木星が与えてくれる鷹揚な力を借りて、大きな人脈の流れに飛び込んでみましょう。