Feel

1月10日〜1月16日 獅子座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の獅子座(7/23~8/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

太陽は山羊座のエリアの中でも最も「山羊座らしさ」を発揮する場所(21~25度数)を運行しています。では、山羊座らしさ、とは何か。「社会性」「集団や組織」「野心」「堅実性」というキーワード、そして、「今、ここ」にある現実を直視する才能が、それらの基礎にあります。

過去でも未来でもなく、「今、ここ」からブレず、強く、深く居ることができる精神と、現状をありのままに見つめるのは、胆力がなくてはできないことです。逆行中の金星は太陽に重なり、今を知るための振り返りを促し、過去に存在した良い要素を抽出していきます。

生まれた星座(太陽星座:生まれたときに太陽が位置していた星座)が山羊座でなくとも、太陽が山羊座を運行している間、全ての人に「今、ここ」を見つめる力がプラスされるというイメージです。自分たちが生きている時代や社会がどんな状態なのかをしっかりと見つめましょう。

14日に水瓶座のエリアで水星が逆行を開始し、この逆行は2月初旬まで続きます。この期間は公共交通機関の運行の乱れ、ガジェット類の故障、メール誤送、ダブルブッキングや連絡ミスなどが起こりやすいとされています。

バッファを取ったり、データのこまめなバックアップを取ったりすることを推奨。水星の逆行を良いパワーとして活用するならば、「久しぶりに連絡を取る」「再会」「復習が捗る」「失くしていた本が見つかる」などの光景が浮かんできます。

獅子座の星模様

足元注意

高い目標を掲げ、先々のスケジュールも視野に入れながら業務をすることも大切ですが、今週は「今、ここ」にある問題を見つめる視点、足元の確認ができると良い効果がありそうです。

名前もつかないような雑務はいろいろあり、実はその雑多さに煩わされている場合もあります。誰が何をしているのか、得意なことを得意な人がやっているのか、適材適所を見極めましょう。

木星(成長・拡大・幸運)の影響により、嬉しいけれど面倒くさい案件も転がり込んでくるような気配。先週から引き続き、タスクは優先度を確認し、どのような順番でやっつけていくと集中力が上がり、効率が良くなるのかの見通しを立てましょう。

また、今週は自分一人でやるのではなく、周りをうまく巻き込んで、できる限り周囲と共同的に作業を進めること。

水瓶座エリアに逆行している水星の影響で、パートナーと「前にも議題になったもの」を確認し対話する場面が浮上。大事だったけれど見落としていたテーマに気がつくかもしれません。

〈ブレゲ〉「7337」ニューフェイス

200年の時を超えて、 現代に息づくクラシック。〈ブレゲ〉「7337」にニューフェイスが登場

着る / PR