Feel

1月10日〜1月16日 双子座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の双子座(5/21~6/21生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

太陽は山羊座のエリアの中でも最も「山羊座らしさ」を発揮する場所(21~25度数)を運行しています。では、山羊座らしさ、とは何か。「社会性」「集団や組織」「野心」「堅実性」というキーワード、そして、「今、ここ」にある現実を直視する才能が、それらの基礎にあります。

過去でも未来でもなく、「今、ここ」からブレず、強く、深く居ることができる精神と、現状をありのままに見つめるのは、胆力がなくてはできないことです。逆行中の金星は太陽に重なり、今を知るための振り返りを促し、過去に存在した良い要素を抽出していきます。

生まれた星座(太陽星座:生まれた時に太陽が位置していた星座)が山羊座でなくとも、太陽が山羊座を運行している間、全ての人に「今、ここ」を見つめる力がプラスされるというイメージです。自分たちが生きている時代や社会がどんな状態なのかをしっかりと見つめましょう。

14日に水瓶座のエリアで水星が逆行を開始し、この逆行は2月初旬まで続きます。この期間は公共交通機関の運行の乱れ、ガジェット類の故障、メール誤送、ダブルブッキングや連絡ミスなどが起こりやすいとされています。

バッファをとったり、データのこまめなバックアップをとったりすることを推奨。水星逆行を良いパワーとして活用するならば、「久しぶりに連絡をとる」「再会」「復習が捗る」「失くしていた本が見つかる」などの光景が浮かんできます。

双子座の星模様

複雑に、深く、絡み合う

先週は「深く他者や環境と繋がることと自由」についてがテーマでした。さらにそれを深めていく週。

自立的で創造性を持ったまま、集団的であること。企業組織に組み込まれて歯車になってしまうのではなく、双子座の良さを活かす繋がり方の模索が今週のテーマです。

双子座が司るのは好奇心、広く浅いコミュニケーション、柔軟性、若々しさ、自由など。安定性の強い山羊座の「地のエレメント」に、知性で風通しを良くする双子座の「風(大気)のエレメント」が加わる光景。

「今、ここ」にある基準や規則に対する素朴な疑問を持つ力。集団の中で周りから少し距離を置いた視点を持つことで、風通しの良い関係性を築くこと。癒着感や膠着化から逃れることができそう。

木星(成長・拡大・幸運)が仕事運を司る場所に滞在しているため、良い案件にも恵まれそう。水瓶座エリアで逆行する水星(知性・コミュニケーション・双子座の守護星)は文献を調べて確認している様子に似ています。今まで学んできたことの振り返りには良いタイミングです。