Feel

1月10日〜1月16日 山羊座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の山羊座(12/22~1/19生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

太陽は山羊座のエリアの中でも最も「山羊座らしさ」を発揮する場所(21~25度数)を運行しています。では、山羊座らしさ、とは何か。「社会性」「集団や組織」「野心」「堅実性」というキーワード、そして、「今、ここ」にある現実を直視する才能が、それらの基礎にあります。

過去でも未来でもなく、「今、ここ」からブレず、強く、深く居ることができる精神と、現状をありのままに見つめるのは、胆力がなくてはできないことです。逆行中の金星は太陽に重なり、今を知るための振り返りを促し、過去に存在した良い要素を抽出していきます。

生まれた星座(太陽星座:生まれたときに太陽が位置していた星座)が山羊座でなくとも、太陽が山羊座を運行している間、全ての人に「今、ここ」を見つめる力がプラスされるというイメージです。自分たちが生きている時代や社会がどんな状態なのかをしっかりと見つめましょう。

14日に水瓶座のエリアで水星が逆行を開始し、この逆行は2月初旬まで続きます。この期間は公共交通機関の運行の乱れ、ガジェット類の故障、メール誤送、ダブルブッキングや連絡ミスなどが起こりやすいとされています。

バッファを取ったり、データのこまめなバックアップを取ったりすることを推奨。水星の逆行を良いパワーとして活用するならば、「久しぶりに連絡を取る」「再会」「復習が捗る」「失くしていた本が見つかる」などの光景が浮かんできます。

山羊座の星模様

今の「貧しさ」と真摯に向き合う。

「今、ここ」にある現実を直視する才能は山羊座が一番あると言われています。太陽が山羊座のエッセンスが色濃く出ている場所を運行し、忍耐強さや現実を真摯に見つめる姿勢が問われる週となります。

毎日のように更新される政治のニュースを見て、「社会」とは何であるのか、疑問を持つことがスタートなのかもしれません。「今、ここ」をしっかりと見据えたときに、「社会」「集団」や「共同体」とはどんな単位で「我々」と口に出したときに、どの集団を自分の「群れ」だと考えているのかを確認してみましょう。

分断を避け共存共栄を求めることが、社会をつくる意義であるとするならば、今の構造と運営は健全にその役割を担っているのか。社会全体の成熟と集団性のまとまりには山羊座のエッセンスが必要になるので、もしまだ所属する集団に未熟さや欠点があるならば、そこにこそ注目する光景です。

「どんな社会が望みで、相互扶助や社会福祉や公益性とはなんなのか」、深刻な困窮状態があったとしても、分かち合い、集団で生きる強さを得るために、「今、ここ」をどう生きるのか、どんな活動をしていくのか、どっちを向いて生きているのかを深く強く問うタイミングです。

水瓶座エリアを逆行している水星(知性)は「財産」の場所を運行。 払戻金や免許更新時期、持ち物を再確認。資産をリストアップし、運用を振り返るのにいいときです。また、失くした物は見つかりやすいでしょう。

ファームランド櫻島(室屋智美)

オーガニックファーム〈ファームランド櫻島〉が取り組む、火山灰を生かした農業

訪れる / PR