Feel

1月3日〜1月9日 牡牛座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の牡牛座(4/20~5/20生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

1月3日に山羊座で新月が起こります。

新月に天にアフォメーション(宣誓)し、蒔いた「種」は、7月14日の満月で「収穫」されるというサイクルを持っています。

社会全体への新月のテーマは、経済を扱う場面になります。そこでの他者や社会との協力や、ケアによる「生命力の復活」。健全な経済活動のための取り組みとして、個々人の生活がしっかりと潤うように、足りないところにお金を巡らせるようなイメージです。もっと水を花壇に注がなければ、枯れてしまう花があるでしょう。

この新月の「収穫」にあたる 7月14日の満月は、 “スーパームーン”と呼ばれるものです。大きな潮汐力を持った月の作用は、古代より神秘的な力が宿ると意味づけられています。スーパームーンに向けて、叶えたい事柄を明確に言語化し、リセットと再生を天にアファメーションするのも良さそうです。

牡牛座の星模様

牡牛座は占星術で「固定宮」と呼ばれるチームに所属しています。固定宮チームの特徴は、変化より堅実さを求め、状態を保持する力を持つことだと言われています。そして、今週太陽が運行するエリアである山羊座は「活動宮」で、0から1を生み出し、推進力や開拓精神を持つ性質です。

この牡牛座と山羊座の「地のエレメント」チームによる組み合わせは、山羊座がプロジェクトを起こし、牡牛座がコアとなる業務を育て運用する、安定性を備えたペアになります。

そこに、改革を司る天王星が牡牛座エリアを運行している影響により、「石橋を叩いて渡りながらも、ダメなところは壊し、確実に直していこう」というパワーが生まれてくるのです。

今週はあらためて、未来を創るために、直さないとならない場所に気がつくような雰囲気。これからの社会に繋がるのは、個人の肉体的な感覚や健全さを大切にする意識です。

木星は人脈運の場に入り、柔らかく世界を泳ぐような人に巡り合うかもしれません。

社会を知るには、社会の外側にはみ出した人に出会うことが深い学びに繋がります。そのような人たちの影響により、よい価値観の変化がありそうです。