Feel

1月3日〜1月9日 蠍座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蠍座(10/24~11/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

1月3日に山羊座で新月が起こります。

新月に天にアフォメーション(宣誓)し、蒔いた「種」は、7月14日の満月で「収穫」されるというサイクルを持っています。

社会全体への新月のテーマは、経済を扱う場面になります。そこでの他者や社会との協力や、ケアによる「生命力の復活」。健全な経済活動のための取り組みとして、個々人の生活がしっかりと潤うように、足りないところにお金を巡らせるようなイメージです。もっと水を花壇に注がなければ、枯れてしまう花があるでしょう。

この新月の「収穫」にあたる 7月14日の満月は、 “スーパームーン”と呼ばれるものです。大きな潮汐力を持った月の作用は、古代より神秘的な力が宿ると意味づけられています。スーパームーンに向けて、叶えたい事柄を明確に言語化し、リセットと再生を天にアファメーションするのも良さそうです。

蠍座の星模様

リラックスを司る海王星と、全てのものごとを大きく膨らましていく木星が魚座エリアを運行します。このことは、魚座と同じ「水のエレメント」である蠍座には大きなやすらぎの感情をもたらします。

木星は「遊びと喜び(レジャー)」の部屋に滞在し、そこに逆行している金星や新月の影響もプラスされ、懐かしい友人と久しぶりに遊ぶことになりそうな週です。

天体の「逆行」には「過去に取りこぼしたものを拾いに行く」「懐かしい人やものに遭遇する」という意味があります。

金星は愛と喜びの天体でもあるので、その逆行は福々しい再会をイメージさせます。

知性とコミュニケーションを司る水星が水瓶座に移動すると、家族や、所属しているチームのメンバーと真面目に対話しなくてはならない場面が訪れます。蠍座と水瓶座はともに「固定宮」というチームに属していて、固定宮同士は「刺激し合う」関係性と意味づけられています。

話し合うことは、互いを理解するためには必要な行為ですが、「持論を展開し説得」をしたいのか、「相手を尊重し相互理解」をしたいのかによって着地点は大きく異なってきます。

誰かとコミュニケーションを取るのであれば、愛と余裕のある気持ちを大切に。

真鍋大度さんの話。ストレスに負けず、結果を出しているプロたちの仕事と現場。 Vol.3

真鍋大度さんの話。ストレスに負けず、結果を出しているプロたちの仕事と現場。 Vol.3

飲む / PR