Feel

1月3日〜1月9日 双子座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の双子座(5/21~6/21生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

1月3日に山羊座で新月が起こります。

新月に天にアフォメーション(宣誓)し、蒔いた「種」は、7月14日の満月で「収穫」されるというサイクルを持っています。

社会全体への新月のテーマは、経済を扱う場面になります。そこでの他者や社会との協力や、ケアによる「生命力の復活」。健全な経済活動のための取り組みとして、個々人の生活がしっかりと潤うように、足りないところにお金を巡らせるようなイメージです。もっと水を花壇に注がなければ、枯れてしまう花があるでしょう。

この新月の「収穫」にあたる 7月14日の満月は、 “スーパームーン”と呼ばれるものです。大きな潮汐力を持った月の作用は、古代より神秘的な力が宿ると意味づけられています。スーパームーンに向けて、叶えたい事柄を明確に言語化し、リセットと再生を天にアファメーションするのも良さそうです。

双子座の星模様

新月は双子座からは感知しにくい場で起こります。だからこそ、新月のテーマである「社会的な環境における生命力の再生」を深く考えるのは有意義なことになります。

どんな恩恵を受けるとしても、縛られるのであれば、そこから離れて自由でいたい、と願うのは双子座の性質かもしれません。しかし、深く他者や環境と繋がることで自由がなくなるというのは、果たして「事実」なのでしょうか。

周囲と深く関わらないで得てきた自由を大切にしながらも、自分個人のためだけではない生き方もできるのではないでしょうか。今週はそんなふうに「コミットメントの深さと誠意」を思案する雰囲気があります。

どこかに「所属」しなくとも、「自分は社会の構成員である」という意識を持つのが重要です。自由な個人でもあり、全体の一部でもあることを意識するタイミング。

魚座に木星が移動し、仕事が増える時期になり、翻弄されてしまいそうな気配。

器用にこなしつつ、腰を据えてしっかりとコミットメントしていく姿勢を土星(責任・抑圧・社会性)と水星(知性・コミュニケーション)が応援してくれます。自分がやりたくてやる、というよりも、神様に仕事を渡されている感覚になるかもしれません。

あの味を生む人に会いに行く。錦江湾を起点に巡る、鹿児島の旅〈サウスマックス〉

「塩の味は海の味」。鹿児島・佐多岬で釜焚きの塩「楽塩」を作る〈サウスマックス〉

訪れる / PR