Feel

1月3日〜1月9日 山羊座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の山羊座(12/22~1/19生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

1月3日に山羊座で新月が起こります。

新月に天にアフォメーション(宣誓)し、蒔いた「種」は、7月14日の満月で「収穫」されるというサイクルを持っています。

社会全体への新月のテーマは、経済を扱う場面になります。そこでの他者や社会との協力や、ケアによる「生命力の復活」。健全な経済活動のための取り組みとして、個々人の生活がしっかりと潤うように、足りないところにお金を巡らせるようなイメージです。もっと水を花壇に注がなければ、枯れてしまう花があるでしょう。

この新月の「収穫」にあたる 7月14日の満月は、 “スーパームーン”と呼ばれるものです。大きな潮汐力を持った月の作用は、古代より神秘的な力が宿ると意味づけられています。スーパームーンに向けて、叶えたい事柄を明確に言語化し、リセットと再生を天にアファメーションするのも良さそうです。

山羊座の星模様

山羊座のエリアで新月が起こり、さらにそこに冥王星が運行し、金星も逆行して入ってきます。自分が自分だと思っている「形」「意義」「アイデンティティ」について、掘り下げるタイミング。

努力を重ねて、実績を持ち、信頼を得て、自分が納得する高みを目指すのは山羊座の美点です。それでも、その方法だけではなく、柔らかさや、豊穣的な精神について解像度を上げていくこと。

山羊座を神話との繋がりで語ると、時間の神「クロノス」です。時間の使い方を見直すことで、その感覚を理解できるかもしれません。

1月の新月から7月の満月までの流れの中で、捨てていくのは「過剰な自己責任感」であり、育てていくのは「調和的な生命の底力」です。

必要な手法としては、セルフケアが大切な鍵となります。自分をいたわり、手をかけてあげる時間の中で、強さだけでなく、弱さという状態に潜んでいる大きな学びに触れられるでしょう。

弱いときもあれば、強いときもある、どちらにも善悪も正義も付随しないこと。

魚座を運行する木星は、自分とは全く違う「常識」や「バックボーン」を持った人や物語に出会う予感。柔らかであることの価値を教えてもらえそうです。気軽な交流が吉です。