Feel

1月3日〜1月9日 蟹座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蟹座(6/22~7/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

1月3日に山羊座で新月が起こります。

新月に天にアフォメーション(宣誓)し、蒔いた「種」は、7月14日の満月で「収穫」されるというサイクルを持っています。

社会全体への新月のテーマは、経済を扱う場面になります。そこでの他者や社会との協力や、ケアによる「生命力の復活」。健全な経済活動のための取り組みとして、個々人の生活がしっかりと潤うように、足りないところにお金を巡らせるようなイメージです。もっと水を花壇に注がなければ、枯れてしまう花があるでしょう。

この新月の「収穫」にあたる 7月14日の満月は、 “スーパームーン”と呼ばれるものです。大きな潮汐力を持った月の作用は、古代より神秘的な力が宿ると意味づけられています。スーパームーンに向けて、叶えたい事柄を明確に言語化し、リセットと再生を天にアファメーションするのも良さそうです。

蟹座の星模様

蟹座は「水のエレメント」に属し、心や感情、共感を司ると言われています。「心」は柔らかく、自分の内側の真ん中にあるもの。理屈やルールで誤魔化すことのできない存在です。

今週の新月は蟹座にとって影響力の強い場所で起こります。新月によって「心の変化」や「気持ちのリセット」もしやすくなります。木星と、逆行している金星の影響も加わり、揺れは大きくなりそう。

大らかで優しい気持ちを抱き、その気持ちを維持していくには、「心」をいれる器としてどんな環境や関係性が相応しいのか、愛について再考するタイミング。

環境や関係性、コミュニケーションに含まれる言葉や態度一つ一つ、自分が目にしているものを、自分の意図によって「意味づけ」するということを誰もがしています。

同じ気持ちでいてほしいと願っても、それぞれの心は形も色も違うもので、100%のシンクロ的理解は難しいものです。どんな「メガネ」で世界や相手を見ているのかを理解し、個々の性質をそのまま受容する、という意識を強めていきましょう。

木星は、蟹座にとって「水のエレメント」仲間である魚座を運行します。調和的に繋がって、今まで知らなかった映画や本の言葉で感情を揺さぶられ、感動の渦に巻き込まれる経験をするかもしれません。

真鍋大度さんの話。ストレスに負けず、結果を出しているプロたちの仕事と現場。 Vol.3

真鍋大度さんの話。ストレスに負けず、結果を出しているプロたちの仕事と現場。 Vol.3

飲む / PR