Feel

Feel

感じる

12月27日〜1月2日 射手座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の射手座(11/23~12/21生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

29日に、公転周期が12年の「木星」が水瓶座エリアから魚座エリアへと移動します。

木星は成長、拡大、大らかさ、膨張、増殖を司ることから幸運の星として古くから意味づけられています。また、木星にとっては魚座はホームグラウンドであり、自分の力を伸びやかに発揮できるエリアです。

そのことにより、世の中で空気が変わり、シャープで理知的なものからソフトな癒やしやファンタジーを求めるようになりそう。

天体配置図全体では山羊座エリアに5天体が集まるタイミングもあり、大人としての振る舞いも問われそうです。

射手座の星模様

射手座にとって「自己財産」の場所に天体が多く運行するタイミング。では、「自己財産」とは何であるのか、を考えてみるのが今週のテーマです。

知識を探求し、自由に動けることが大切だと考える射手座にとっては高い精神性こそが「財産」に当たるのかもしれません。

世の中を動かすのは「経済(お金)」と考える人もいれば、「役割(仕事)」と考える人もいます。それでも射手座には、世界を動かすのは「哲学や高い精神性」だとイメージしていてほしいのです。

多様なイデオロギーの中で、この射手座的なベクトルがなければますます世界は迷子になってしまうでしょう。

木星が魚座に移動すると、自分が帰属している場に対して融和性や浸透力が生まれてきます。未来を創る知恵者(子供)が育つには、射手座のような賢者(教師)が必要なのだと考え、知恵を伝える役割をイメージしてみましょう。

主演・佐々木蔵之介、銀座とディオール

主演・佐々木蔵之介。銀座とディオール

着る / PR