Feel

Feel

感じる

12月20日〜12月26日 獅子座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の獅子座(7/23~8/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

西洋占星術においてシーズンの区切り方は「春分」「夏至」「秋分」「冬至」の4つです。

12月22日の「冬至」は太陽が山羊座エリアに入る瞬間でもあり、一年を4つに分けたうちの、4つめのタームである「第4四半期」の始まりです。

「冬至」から翌年の「春分」(2022年3月21日)までの運勢はこの日の星の配置を読むのです。

逆行を始めた金星が冥王星と寄り添うことで、「喜びの再確認作業」「取りこぼしたものを回収する」「愛についてもう一度考える」のテーマが浮上。

また、月は金星・冥王星と対向の位置につき、安穏とした古い環境に、心からの叫びのようなパワーで、新しい要素を強引に取り入れる様子。

山羊座エリアに入った太陽は、成長と拡大を司る木星と調和角度を取り、思考とコミュニケーションを司る水星は改革を司る天王星と調和的に手を繋いでいます。

その配置により、穏やかに物語が進むより、波瀾万丈なドラマが生まれそうな第4四半期。大きなテーマは「心のデトックスと癒やしのメソッドを学ぶ」こと。

他者との関わりの中で人間の心の働きを理解し、状況を全体的に把握し、冷静な視座をもって適切な反応を心がける訓練です。

また24日には土星と天王星の激しいぶつかり合いが生じ、刷新、改革のための衝撃があらわれる雰囲気。社会に激震を起こす出来事があってもおかしくない配置です。

未来を拓くために闇を切り裂く一撃。大きく社会が変わりそうな兆しがあります。

獅子座の星模様

地道に引き受ける仕事の中で、大切なものに気がつく週。

調和や他者奉仕、黙々と修行のように物事を片づけていく行為はある意味「瞑想」に似ています。自分の好き嫌いや都合を一度横に置いて、誰かのために無心になって働くには、安定して強い精神力を持つことも必要です。

自分が実際にできる行動から、心が刺激されて自分でも気がつかないうちに軸が強くなっていきます。画一的な物差しで人を測るのではなく、個性を認め、相手の長所が活かされる受容的な場をつくるような心がけができればさらに良いでしょう。

対人関係の場所に試練の天体である土星がいることも重なり、プレッシャーやストレスも強く表れるかもしれません。

創造性を意味する場所に、意欲やバイタリティを司る火星が運行しているので、遊びに行きたい気持ちも大きく膨らみます。ここで、遊びを取るか、試練を取るかと二択で考えるのではなく、「試練7に対し、遊び3」のバランスで乗り越えるのがおすすめです。

あの味を生む人に会いに行く。錦江湾を起点に巡る、鹿児島の旅〈金七商店〉

製造の秘訣はクラシック音楽?国内外から注目を集める〈金七商店〉のカツオ節

訪れる / PR