Feel

Feel

感じる

12月20日〜12月26日 蟹座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蟹座(6/22~7/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

西洋占星術においてシーズンの区切り方は「春分」「夏至」「秋分」「冬至」の4つです。

12月22日の「冬至」は太陽が山羊座エリアに入る瞬間でもあり、一年を4つに分けたうちの、4つめのタームである「第4四半期」の始まりです。

「冬至」から翌年の「春分」(2022年3月21日)までの運勢はこの日の星の配置を読むのです。

逆行を始めた金星が冥王星と寄り添うことで、「喜びの再確認作業」「取りこぼしたものを回収する」「愛についてもう一度考える」のテーマが浮上。

また、月は金星・冥王星と対向の位置につき、安穏とした古い環境に、心からの叫びのようなパワーで、新しい要素を強引に取り入れる様子。

山羊座エリアに入った太陽は、成長と拡大を司る木星と調和角度を取り、思考とコミュニケーションを司る水星は改革を司る天王星と調和的に手を繋いでいます。

その配置により、穏やかに物語が進むより、波瀾万丈なドラマが生まれそうな第4四半期。大きなテーマは「心のデトックスと癒やしのメソッドを学ぶ」こと。

他者との関わりの中で人間の心の働きを理解し、状況を全体的に把握し、冷静な視座をもって適切な反応を心がける訓練です。

また24日には土星と天王星の激しいぶつかり合いが生じ、刷新、改革のための衝撃があらわれる雰囲気。社会に激震を起こす出来事があってもおかしくない配置です。

未来を拓くために闇を切り裂く一撃。大きく社会が変わりそうな兆しがあります。

蟹座の星模様

今週、そして第4四半期のタームにおいて、蟹座には大きな動きがありそうです。パートナーシップや親しく他者と繋がることや契約にまつわるテーマが浮上。

例えば、結婚・離婚・復縁、そして不動産購入などの契約が必要な買い物など。ただし、金星の逆行している間は注意が必要です。

入籍や契約などは、「物事がスムーズに進む」という意味をもたらす順行時がおすすめ。金星が順行に戻る2022年2月になってからが安心かもしれません。

離婚、復縁に関しては、この週の判断は揺れやすさが残るかも。焦らずに進む方が良さそうです。
揺らぎがあることが悪いことではなく、揺れていく中で気持ちや思考の方向性が徐々に固まっていく流れです。急がずに、肩の力を抜いていきましょう。

難しい判断や、大きな決断を求められる場面では、自分の胸に手を当てて、「本当の気持ち」をまずは大切にした方が良さそうです。打算や妥協や忖度では、後で悔やむことにもなりかねません。

「本当の気持ち」があるからこそ、新しい活力を得て、前向きに進むことができます。

真鍋大度さんの話。ストレスに負けず、結果を出しているプロたちの仕事と現場。 Vol.3

真鍋大度さんの話。ストレスに負けず、結果を出しているプロたちの仕事と現場。 Vol.3

飲む / PR